航空三昧

"Every flight is a special flight"をモットーとした写真多めの搭乗記

Maxときで行く!新潟見納めづくしの旅

f:id:DREAMLINER:20211017121208j:image

2021年秋にE4系Maxは引退するとの発表がなされたときから計画していた、この新潟旅。この出来事がなければ新潟に行くことはしばらくなかった気がしますが、行ってみると、なかなか楽しい都市でした。そして、鉄道・バス・航空の全分野において、見納めポイントを発見。それらを中心に紹介していきます。

 

 

 

Maxとき303号 乗車記

f:id:DREAMLINER:20211017104712j:image

時刻は朝6時をまわりました。東京駅へ向かいます。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104721j:image

今回は2階建て新幹線に乗るわけですが、新幹線に限らなければグリーン車も2階建て列車だなと、今更気づいてしまいました。

 

 


f:id:DREAMLINER:20211017125714j:image

f:id:DREAMLINER:20211017125712j:image

駅構内には、このようなポスターがいたるところに貼られています。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104923j:image

このラッピングは面白いですね。このエスカレーターに乗って、新幹線の改札へ。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104803j:image

いつもの駅弁屋は大混雑。今回は所要時間も短いですし、駅弁はお預け。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104845j:image

こちらのおにぎりにします。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104651j:image

空港のような電光掲示板があるのですね。

 

 

f:id:DREAMLINER:20211017132728p:image

本日のきっぷ。「Maxとき」や「2階」という印字も見納めです。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104703j:image

それでは入りましょうか。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104812j:image

ホームに上がると、既にそこには今回乗車するE4系が入線しておりました。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104744j:image

先頭まで移動。

 

 


f:id:DREAMLINER:20211017131415j:image

f:id:DREAMLINER:20211017131412j:image

行き先表示。



f:id:DREAMLINER:20211017104716j:image

本日の乗車電、P11編成です。現存するE4系の中では最古だそうです。この辺りには鉄道ファンが大量にいるので、早めに退散。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104929j:image

壁のような車体。5号車まで戻ります。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104705j:image

乗り込みます!

 

 

f:id:DREAMLINER:20211017132847j:image

座席につきました。落ち着く間もなく、発車となります。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104851j:image

発車しました。本日は満席という案内がありながら、隣には人が来ませんでした。途中から乗ってくるのでしょうか。

 

 

f:id:DREAMLINER:20211017132955j:image

悪天候なのは残念ですが、これだけは仕方ありません。

 

 

f:id:DREAMLINER:20211017133015j:image

いつものヨドバシ秋葉原

 

 

f:id:DREAMLINER:20211017134014j:image

上野に到着。隣にはまだ人は来ません。とりあえず一安心。

 

 

f:id:DREAMLINER:20211017134118j:image

ここが定点カメラのある日暮里ですかね。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104718j:image

こちらは尾久車両センターでしょうか。185系がまだ残っているのは驚きです。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104756j:image

荒川を渡り、埼玉県に突入。

 

 

f:id:DREAMLINER:20211017134643j:image

いつものさいたまSA

 


f:id:DREAMLINER:20211017104659j:image

大宮で降りるという人も一定数いるようで、私の周りは一時的にガラガラとなりました。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104824j:image

E2系です。これは東北新幹線での運用と思われますが、東北新幹線から撤退してしまう日も、そう遠くないかもしれませんね。

 

 

f:id:DREAMLINER:20211017135832j:image

大宮に到着。ここでも多くの人が乗車しますが、隣にはまだ人は来ません。新潟まで空席のままかもしれませんね。

 


f:id:DREAMLINER:20211017135829j:image

向かい側のホームには、E4系の連結が。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104653j:image

大宮を出発すると、次はもう越後湯沢になります。大宮を過ぎてからが新幹線の本領発揮となり、スピードもMaxまで上げていきます。

 


f:id:DREAMLINER:20211128192357j:image

E4系の窓割りから、下りは奇数列の方が視界が広いとされています。残念ながら今回は偶数列しか取れず、このような視界となっております。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104853j:image

上越新幹線は全体の半分以上がトンネル区間だそうですが、その中でも最長の大清水トンネルに突入。このタイミングで車内散策へと向かいましょうかね。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104912j:image

2階からデッキに降りると売店を発見。記念グッズもこちらで買うことができます。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104917j:image

1階にも行ってみましょう。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104657j:image

1階席は進行方向3-2の配列で、2階席とは逆となっています。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104818j:image

階段。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104857j:image

2階建て新幹線の車内ご案内も見納めですね。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104848j:image

昔の雰囲気が残る多機能トイレ。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104920j:image

「トンネルを抜けると雪国」とまではいきませんが、関東とは違うところに来たということを感じさせる、そんな越後湯沢です。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104738j:image

到着。北陸新幹線が開通していなかった頃は、こちらでサンダーバードに乗り換えて北陸各都市に向かうのが主流でした。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104827j:image

美しい湯沢の風景。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104906j:image

飛行機で言うところの安全のしおりでしょうか。こちらのご案内シートも見納めであります。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104839j:image

長岡を過ぎたあたり(だったはず)。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104926j:image

到着いたしました。復路でも同じE4系に乗れると分かっているので、名残惜しさはあまりありません。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104900j:image

東京駅ほどではありませんが、ここもまた戦場となっていました。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104732j:image

撮影会です。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104903j:image

2時間ともに旅をしたP11編成。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104800j:image

横から。

 


f:id:DREAMLINER:20211017105044j:image

駅名標とも忘れずに。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104821j:image

東京側にも歩いてみましょうかね。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104836j:image

この光景が新潟駅の当たり前だったんでしょうね。それがなくなってしまうのは、初めて来た身としても寂しく感じます。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104728j:image

こちらE2系も引退までのカウントダウンが始まっています。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104909j:image

反対側のホームににやってきました。E2系の発車を待ち…

 


f:id:DREAMLINER:20211017104724j:image

こちらからのショットも。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104735j:image

下から。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104709j:image

さて、そろそろ行きますか。折り返しを待つわけにはいきませんし…。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104842j:image

意外とこじんまりとした新潟駅

 


f:id:DREAMLINER:20211017104741j:image

万代口にやってきました。こちらは絶賛工事中ですね。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104833j:image

なるほど、これが新潟の街並みですか。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104806j:image

駅舎は工事中。

 


f:id:DREAMLINER:20211017104830j:image

万代シテイの某喫茶店で、やるべきことを済ませます。

 

 

新潟観光

可愛い観光バス


f:id:DREAMLINER:20211017122502j:image

f:id:DREAMLINER:20211017122505j:image

新潟市内を循環するコミュニティバスがありますが、なんとも可愛い塗装をしております。

 

 


f:id:DREAMLINER:20211017122526j:image

f:id:DREAMLINER:20211017122523j:image

この2台が、今日も新潟市内を走り回っています。

 

 

某社新潟支店

f:id:DREAMLINER:20211017122732j:image

万代シテイすぐ近くのとある建物に、こんな広告。

 


f:id:DREAMLINER:20211017122723j:image

入ってみると、そこには「中国東方航空」の文字。どうやらここは、東方航空の新潟支店のようです。コロナ禍において、新潟便は現在運休しており、この支店も営業しているのかはわかりません。

 

 

新潟市ソウルフード
f:id:DREAMLINER:20211017122729j:image

こちら「みかづき」というお店。県内のみに展開しているイタリアンチェーン。

 


f:id:DREAMLINER:20211017122736j:image

カレーイタリアンと和風きのこイタリアンを選択。その見た目とは裏腹に()、なかなか美味しくいただける絶品でした。

 

 

f:id:DREAMLINER:20211128200452j:image

新潟駅近くのヨドバシカメラ。電車のキャラクターもE129系と、新潟仕様となっています。驚くことに、午後8時時点で店内にはほとんど客がおらず。各フロア1人いたら良い方で、こんなにも閑散としているのかと驚きました。この後ビックカメラにも行きましたが、同じように閑散としていました。

 

 

万代口のバスターミナル

f:id:DREAMLINER:20211017123705j:image

これもまた、新潟に来たらぜひ見ておきたかったものの1つです。日本では珍しくなった、プッシュバック式のバスターミナル。

 


f:id:DREAMLINER:20211017123659j:image

バスがターミナルから同時に出発する光景は見ものです。

 


f:id:DREAMLINER:20211017123709j:image

空になってしまいました。

 


f:id:DREAMLINER:20211017123702j:image

こちらは乗り場。場内案内と、バスのバック音が響きます。

このバスターミナルも、あと1年ほどで廃止となるようで、思い入れは無いながらも、寂しいです。

 

 

バスターミナルの動画はこちら〜


www.youtube.com

 

 

新潟空港

f:id:DREAMLINER:20220108203006j:image

2日目です。飛行機には乗りませんが、やはり空港には寄っておかなくてはなりません。この項目だけ写真が大量ですが、お付き合いくださいませ。

 


f:id:DREAMLINER:20220108202959j:image

新潟空港は、羽田との定期路線を持たない空港の中ではかなり規模の大きい空港です。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203058j:image

出発案内。成田便はあるんですよね。現在は残念ながら欠航となっていますが、もし運航されていれば、復路はQ400で成田へ飛ぶことも考えたかもしれません。いや、絶対そうしていたでしょう。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203034j:image

ANAB737が出発準備中。まるで制限区域内から撮った写真のようですが、外からです。制限エリア内外は、ガラス1枚のみで区切られています。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203028j:image

それでは展望デッキへ。実はこの空港、展望デッキが有料なんです。100円とられます。なので、より多くの飛行機が発着する時間に来るのがお得です。よく調べないで軽い気持ちで入ると、1機も見られずじまいとなる可能性があります。

 


f:id:DREAMLINER:20220108202934j:image

そんな展望デッキ、なかなか広くなっています。

 


f:id:DREAMLINER:20220108202940j:image

ANAB737が出発。伊丹から到着し、新千歳へ向かう運用をしています。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203041j:image

羽田でも見られる同機ですが、羽田とは全く関係のないここ新潟で見ると、また格別です。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203013j:image

インターセクションで滑走路に進入し、新千歳へ飛び立っていきました。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220108204624j:image

続けてJ-AIRのE170が出発。

 


f:id:DREAMLINER:20220108202955j:image

こちらは滑走路末端からの進入だったので、早めに上がりました。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220116102321j:image

こちらも新千歳へ。

 

 


f:id:DREAMLINER:20220116102533j:image

f:id:DREAMLINER:20220116102527j:image

小さいおもちゃのような飛行機がやって来ました。

 


f:id:DREAMLINER:20220116102530j:image

実はこの空港、滑走路が一本だけかと思いきや、もう一本あるんです。この写真は展望デッキの右端から東方向を見ています。見えづらいですが、メインとは別の滑走路があるのがお分かりいただけますでしょうか。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203003j:image

先ほどよりは大きい、E190が到着。伊丹からです。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203031j:image

最初のANA機と同じスポットに入りました。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203054j:image

機長らしき人が機体の周りをぐるぐる。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203047j:image

続いてFDA機が小牧から。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203050j:image

こう見るとヨーロッパのLCCに見えるのは気のせいでしょうか。

 


f:id:DREAMLINER:20220108202948j:image

J-AIR機の隣にスポットイン。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203020j:image

またまた続いてpeach。関西からです。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203101j:image

なぜか滑走路末端まで滑走してから出ます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220116103537j:image

エンブラエル機しかいない中にA320が入ると、大きく見えます。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203044j:image

これまたJ-AIRの隣へスポットイン。

 

 


f:id:DREAMLINER:20220116104041j:image

f:id:DREAMLINER:20220116104038j:image

新潟上空は、ソウルから太平洋方面に向かう航路にあります。上空を見ると、アシアナ機や大韓航空機が通過するのが見えます。どちらもニューヨークまでの長旅です。

 


f:id:DREAMLINER:20220116104346j:image

クルーズ船が通ります。北海道まで行くんでしょうかね。

 


f:id:DREAMLINER:20220108202927j:image

そしてJ-AIR機は伊丹へ折り返し。

 


f:id:DREAMLINER:20220108202937j:image

peach機も出発です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220116104559j:image

peach機が離陸するだけで展望デッキが賑やかになるのが地方空港らしいです。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203037j:image

関空へ向かいます。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203011j:image

そして残ったFDA機ですが、午前11時半に到着した同機は、午後5時ごろまで待機のよう。寂しそうですね。

 


f:id:DREAMLINER:20220108202951j:image

もうしばらく飛行機は来ないので、これにて終了。100円の価値は十分ありました。

 


f:id:DREAMLINER:20220108202930j:image

展示品コーナーのようなところ。この椅子、プールによくありますよね?

 


f:id:DREAMLINER:20220108203016j:image

年表。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203103j:image

これはANAのFixed Back Shellスタイルシートじゃないですか!リクライニングをしても、背が後ろに倒れることがない、画期的なシートです。国際線のB777や、以前はB787にも装備されていました。まさかここでお目にかかれるとは…。

 


f:id:DREAMLINER:20220108203024j:image

ということで、3時間ほどの滞在はこれにて終了です。新潟空港、楽しむことができました。現在は国管理空港となっていますが、民営化の計画もあるようで、その時には展望デッキは無料になっているかもしれませんね。

 

 

もう少し観光

f:id:DREAMLINER:20220122143251j:image

新潟空港を後にし、次の目的地に向かいます。その前に少し寄り道。こちらはデンカビッグスワンスタジアム。その周辺の公園も賑わっています。

 


f:id:DREAMLINER:20220122143255j:image

ホヌ…ではないですね。ただの亀です。

 


f:id:DREAMLINER:20220122143310j:image

新幹線の駅で言えば、燕三条に近いところまで来ましたが、そしてこちら、弥彦山です。

 


f:id:DREAMLINER:20220122143306j:image

日本海を望むことができます。遠くには佐渡島も見えました。ロシアは…見えませんね。

 


f:id:DREAMLINER:20220122143302j:image

下山し、こちらは弥彦神社です。

 


f:id:DREAMLINER:20220122143258j:image

あっという間に日も落ち、新潟市に帰ります。詳しいレポートはありませんが、ご勘弁ください。

 

 

Maxとき348号 乗車記

f:id:DREAMLINER:20220122144914j:image

いよいよ帰京です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220126112419p:image

復路もMaxで。新潟発の最終便になります。往路と同じMaxですので、乗車記と言いながら詳しい説明は省きますよ。

 


f:id:DREAMLINER:20220122144917j:image

乗車電はすでに停車中。

 


f:id:DREAMLINER:20220122144921j:image

先頭から。編成はというと、往路と同じP11編成。少しがっかりです。

 


f:id:DREAMLINER:20220122144944j:image

世代交代で導入されるE7系北陸新幹線と車両が同じになってしまい、上越新幹線らしさというものが無くなってしまいそうです。

 


f:id:DREAMLINER:20220122144938j:image

最後方にて、並び。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220128112604j:image

見つけてしまいました。車両にファンのメッセージが書かれています。まあ、落書きですね。いけません。

 


f:id:DREAMLINER:20220122144924j:image

さて、乗り込みます。こちらグリーン車です。

 


f:id:DREAMLINER:20220122144907j:image

普通席の1階。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220127211627j:image

そして2階です。往路と同じ編成、車両で帰ります。引退直前のこの車両には鉄道ファンがたくさん乗っていると考えるのが自然ですが、今回は違ったんです。どうやらこの土日、なにわ男子さんのライブが新潟で行われていたようで、ライブに参加したと思しき人々がたくさん乗っていたんですね。確かにこの2日間、新潟市内ではそういった方々が多かったなぁと思います。男ばかりのむさくるしい空気の中帰る必要がないということで、なにわ男子さんには感謝ですね。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220128112819j:image

どうやら接続する特急が遅延しているようで、我々の発車も遅れる様子。飛行機と同じく、長く乗っていられるのでラッキーですね。

 


f:id:DREAMLINER:20220122144947j:image

その特急が隣のホームにやってきました。「いなほ」ですね。どうやら対面乗り換えができるようになっているみたいですね。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220127211731j:image

12分ほどの遅れで出発です。

 


f:id:DREAMLINER:20220122144941j:image

だいぶ進みまして、こちら越後湯沢。あちらにいるのもE4系。越後湯沢始発なんですかね。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220128114410j:image

そしてまた進みまして、高崎に到着。ここでMaxたにがわと連結します。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220128114753j:image

もう大宮です。早いですね。

 


f:id:DREAMLINER:20220128114756j:image

時刻はまもなく夜の10時半。多くの車両は眠りについている頃です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220128115213j:image

まもなく東京に到着です。もう車なんて走っていません。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220128115400j:image

到着。向こうには東海道新幹線の終電がいますね。三島行きです。

 


f:id:DREAMLINER:20220122144934j:image

誰もいなくなった車内を前から。E4系に乗るのは、これで最後です。

 


f:id:DREAMLINER:20220123001315p:image

この後、折り返して車庫に向かうようなので、見送ります。

 


f:id:DREAMLINER:20220122144927j:image

反対側の方が良いですね。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220128115737j:image

東京の闇に消えていく、16両のMax。昔からよく見た車両も、これで見納めです。

 


f:id:DREAMLINER:20220122144931j:image

結局終電までウォッチングしてしまったのは内緒です。

 


f:id:DREAMLINER:20220122144911j:image

復路の乗車記はだいぶ端折ってしまいましたが、ご勘弁ください。

 

 

凱旋

f:id:DREAMLINER:20220128120025j:image

というわけで、新潟旅でした。E4系の引退というきっかけだけで行きましたが、思っていたより楽しむことができました。首都圏から近く、行きやすい新潟。次に行く頃には、どのような進化を遂げているのでしょうか。

久里浜方面ホームにいた千葉行き列車に間違えて乗りかけたのは内緒です。

クレードルシートを初体験! ANA 松山-羽田 NH592 普通席(クレードル) 搭乗記

f:id:DREAMLINER:20210906173528j:image

復路は松山空港からです。突如舞い降りた、国際線仕様B767の充当情報。出発予定を前倒しにしてまで乗ったこの機材。果たして…。

 

 

Today's flight

  • 航空会社: 全日空 (NH)
  • 便名: NH592
  • 出発地: 松山 (MYJ)
  • 出発時刻: 14:30
  • 到着地: 東京/羽田 (HND)
  • 到着時刻: 16:00
  • 所要時間: 1.30
  • 機材: B767-300ER (JA619A)

 

 

空港へ

f:id:DREAMLINER:20210906170734j:image

坊っちゃん列車が佇む道後温泉駅

 


f:id:DREAMLINER:20210906170655j:image

道後温泉から松山空港には、リムジンバスか路線バスでアクセスでき、私はこちらの路線バスにて松山空港へ向かいます。リムジンバスより300円ほど安く、所要時間も大して変わらないので、路線バスで行こうというわけです。大きい荷物が多いときは、リムジンバスの方が良いかもしれませんね。

大街道や松山市駅など、松山の中心となるスポットを通って行くので、松山を去る最後にはもってこいの経路でした。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170615j:image

1時間弱で空港に到着。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170731j:image

四国最大規模の松山空港。とても明るく、開放的となっています。明るい空港は気分も高まります。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170658j:image

松山空港名物、みかんジュースタワー。流れているのは水です。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170628j:image

こちらには、あの伝説の蛇口からみかんジュース。一杯350円。高い!実は市内にも同じものがありまして、そちらは一杯100円になります。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170702j:image

このようなオブジェが。

 


f:id:DREAMLINER:20210906173602j:image

こちらでチェックイン。いきなり「機材変更が〜」と言い出すので一瞬慌てましたが、もともと充当されていた機材から今回の国際線機材に変更になったという意味でした。

そもそも今回、私はこの日の最終便である598便を予約していたんです。予約した時の充当機材は、国内線仕様のB767。そこにある日、今回の592便に国際線仕様B767の充当情報。急いで便を変更したわけです。結果的に、この便変更は国際線機材に乗れたと言う以前に、もとの598便がB737に小型化してしまったことからも、成功と言えるでしょう。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210914000236j:image

本日の搭乗券です。

 

 

展望デッキにて

f:id:DREAMLINER:20210906170618j:image

展望デッキに上がると、ちょうど両社の大阪便が出発するところです。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170635j:image

後に出発していったANA機が、インターセクションで先に離陸して行きました。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170625j:image

大人しく滑走路末端まで走行したJ-AIR機は後の離陸。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170638j:image

展望デッキに静寂が訪れます。この展望デッキの柵は横に開いているので、写真が撮りやすいでしょう。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170611j:image

まもなく、飛行機の影が見えてまいりました。先程の離陸方向とは反対向きに着陸していますが、これはランチェンしたわけではなく、なるべく海側から着陸、海側へ離陸という運用をしているからです。風が強く、この向きでの着陸(RWY14) が困難な場合、反対側のRWY32へビジュアルアプローチとなります。福岡空港と同じ方式ですね。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170631j:image

豪快に着陸!

 


f:id:DREAMLINER:20210906170710j:image

ゆっくりと進入してきます。先程の小型機と比べると、貫禄があります。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170621j:image

スポットイン。羽田などの大きな空港よりも、飛行機との距離が近いです。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170645j:image

正面から。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170725j:image

折り返し準備が始まります。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170705j:image

そろそろ制限エリア内に入りましょうかね。

 

 

制限エリア内、そしてラウンジ

f:id:DREAMLINER:20210906170651j:image

久しぶりの地方空港なので、優先レーンがないことを忘れておりました。ですが、混んでいないので全く問題ありません。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170728j:image

地方空港らしく、大量のイスが並んでいます。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170715j:image

制限エリア内から見る飛行機も素晴らしいですね。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170712j:image

同じく羽田からの鶴丸機も到着。困ったらすぐにB737で満足してしまう鶴丸は、1日5便すべてB737での運航になっております。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210910111220j:image

それではラウンジへ。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170721j:image

地方空港のラウンジは、経験上みんな似たようなもので、個性がありません。

 


f:id:DREAMLINER:20210906170719j:image

ドリンクもいつも通り。

 

 

少しラッキーな遅延

f:id:DREAMLINER:20210911011210j:image

ここで、出発遅延のお知らせ。機材整備による遅延とのこと。往路便は遅延していなかったので、松山空港到着後に何らかのトラブルが発生したのでしょうね。最悪欠航の可能性もある事態です。20分遅延となり、14:50の出発。つまり14:35に搭乗開始の予定となりました。ラウンジ滞在時間が延び、少し嬉しくもあります。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210906185702j:image

そしてHPの運航状況を確認すると、羽田の出口が4・5・6番、つまり65〜70番あたりのゲートに到着する予定が、◆の表記となり、これはサテライトターミナルもしくは沖止め(!!) での到着に変更となったことを表しています。興奮であります!

 

 

f:id:DREAMLINER:20210910111445j:image

ラウンジ滞在時間が増えたのは良いですが、羽田のラウンジと違って飛行機が見える窓がないのに加え、復路便ということであまり高揚感が湧かないのも相まり、少し退屈にもなりました。

 


f:id:DREAMLINER:20210906173813j:image

35分になったので、ラウンジを後にします。しかし、搭乗開始する雰囲気はありません。

 


f:id:DREAMLINER:20210906173820j:image

そしてアナウンス。さらに10分遅延ということです。モニターには搭乗予定時刻15:00と表示されておりますが、HPの運航状況には15:00出発と表示されています。どちらを信じれば良いのでしょう。

 


f:id:DREAMLINER:20210906173830j:image

同時刻に出発予定となっていた鶴丸は先に出発してしまいました。鶴丸もグループ制での搭乗を開始しておりますが、上級会員の優先搭乗を中止したわけではないようです。正直羨ましいです。鶴丸に乗ったら平民での搭乗、ANAに乗っても会員資格の無視された、後方からの搭乗…。

 


f:id:DREAMLINER:20210906173845j:image

少しでも早く乗りたいので、搭乗口近くに陣取ります。

現在、WLのあるB767は国際線仕様ということになっていますが、前回乗ったのは台北便。それも到着空港が台北松山空港ということで、同じ松山空港便に今回乗ることになります。

 


f:id:DREAMLINER:20210906173827j:image

いつも通りの搭乗順の案内…かと思いきや、いつもと少し違うよう。前方・後方にかかわらず、窓側→中央→通路側 の順での搭乗となるようです。検証ということですが、是非こちらの搭乗順に変更になってほしいですね。

 

 

いよいよ搭乗!

f:id:DREAMLINER:20210906173817j:image

14:45ごろ、事前改札開始。搭乗はまもなくです!

 


f:id:DREAMLINER:20210906173833j:image

窓側席の皆さんの搭乗開始。暑さ対策のためにカーテンを閉めてしまったのでしょう。機首のみのショットは確保できず…。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210911012915j:image

赤い絨毯のボーディングブリッジ。成田を思い出しますね。

 


f:id:DREAMLINER:20210906173836j:image

あ、赤い…!

 


f:id:DREAMLINER:20210906173842j:image

乗り込みます!

 


f:id:DREAMLINER:20210911013014j:image

クレードルシートが7列、全35席広がります。

 


f:id:DREAMLINER:20210906173852j:image

中央席は1人席となっており、かなり落ち着けると思います。サイドテーブルも独り占め、そして座席横には収納もある。2人席にはない機能があります。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210911223910j:image

ANA公式サイトより

座席横の収納ですが、このように、ある程度の大きさのものも収納できます。

 


f:id:DREAMLINER:20210906173810j:image

そしてこちらが今回の座席です。後ろの5列目は、ほぼ窓無し席となりますので、オススメできません。最初は私も5Kしか指定できませんでしたが、緊急事態宣言発出決定後、空席が出てきましたので、変更できました。

 


f:id:DREAMLINER:20210906173823j:image

後ろから。足元スペースはとても広いです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210906173952j:image

ぞくぞくと搭乗が進みます。エコノミー座席の客が多く通りますので、国際線で感じられるような、あの優越感に浸ることができます。私も6年ぶりにビジネスクラスの客になった風で、出発前の気分は最高です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210906174114j:image

本日の機窓。エンジンの羽根がよく見えるものと思いましたが、暗くて見えません。光の当たり方の条件が良ければ見えるのでしょう。

 


f:id:DREAMLINER:20210906173949j:image

モニターです。システムは国際線のもので、国際線搭乗がメインだったあの頃を思い出します。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210906174141j:image

f:id:DREAMLINER:20210906174144j:image

安全のしおり。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210906174431j:image

アメニティ(?)が支給されました。

 

 

出発!

f:id:DREAMLINER:20210911222534j:image

プッシュバック。松山空港では飛行機を誘導路上にまではプッシュバックせず、手前の位置で機首を45°回転させて終わりです。その後、飛行機は自力で転回し、誘導路に乗ります。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210906174450j:image

いつもの安全ビデオ。ですが、10月いっぱいで終了することがわかり、これが最後の歌舞伎安全ビデオの視聴になろうとは、この時は思ってもいませんでした。

3年というのは、短い放映期間のように思います。インバウンドの客を狙ったビデオでもあったと思うので、もともとオリンピックが終わったら更新するつもりだったのでしょうか。新ビデオは「ANA社員のリレー形式」ということですが、どうなんでしょう。場面ごとで紹介する人が変わるというのは、なんだか落ち着かない気もしますが。やっぱり私は2018年までに放映されていたバージョンが1番好きです。

 


f:id:DREAMLINER:20210906174444j:image

RWY32エンドより。

 


f:id:DREAMLINER:20210906174425j:image

甲高い音を上げて、離陸です!

 


f:id:DREAMLINER:20210906174435j:image

さらば松山空港

 


f:id:DREAMLINER:20210906174438j:image

海へ向かって飛び出します。

 


f:id:DREAMLINER:20210906174428j:image

左旋回。右側には瀬戸内の島々。

 


f:id:DREAMLINER:20210906174441j:image

そして再び四国に上陸。山が連なります。

 


f:id:DREAMLINER:20210906174447j:image

この国は本当に山が多いんだなと、今回の旅では実感しました。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210906174539j:image

f:id:DREAMLINER:20210906174542j:image

ここで飛行マップを見ようとしますが、「待て」と言われ、考え事を始めました。

 


f:id:DREAMLINER:20210906174831j:image

コントローラーも「- - -」となっており、完全に死んでおります。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210911221344j:image

モニターに気を取られているうちに、機は雲を抜けたようでした。

 

 

機内での時間


f:id:DREAMLINER:20210906175107j:image

f:id:DREAMLINER:20210906175104j:image

テーブルを出してみます。横から引っ張り出してくるのですが、なんとも出しにくい。そして片付けるのはもっと大変。うまく合わせないと、収納できません。コツが必要です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210906174717j:image

こちらは共用のサイドテーブル。隣が他人となれば、ここに物を置くのは躊躇してしまいそう。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210906175036j:image

座席横にはタブレットなどを収納できそうなスペース。そしてメガネ入れも設けてあります。残念ながらこの写真はシートにピントが合っておりますので、シート素材をお楽しみください。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210906175705j:image

いつの間にモニターが復旧し、マップを表示。相変わらずの国際線仕様マップです。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175646j:image

トイレはいつも通り。ただ、こちらはエコノミー客用となる、最後方のトイレ。ビジネスクラス用の最前方トイレと差異があるのかは不明ですが、少し損した気分。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175628j:image

最後方から。座席が後ろに倒れることなくリクライニングができる、素晴らしいシート。座面が前にスライドする、ビジネスクラスっぽいリクライニング方式です。しかしシートピッチが狭いB767では、フルリクライニングした場合、膝が前のシートについてしまうので、有効活用できません。

 


f:id:DREAMLINER:20210911202109j:image

そしてビジネスクラスの区画。座席をライフラットにして楽しんでいる方はいませんでした。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210911223252j:image

雲がなくなりましたが、見えるのは海だけです。

機長アナウンスによると、飛行機はサテライトターミナルに到着するとのこと。新しくできた、3つのゲートを持つ「離島」のことですかね。行ったことはありませんが、到着の場合、写真が撮りづらそうなのは見たことがあります。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210911202447j:image

いつものコンソメスープです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210911224109j:image

ANA公式より

ここで、クレードルシートのリクライニングを体験。しかし、機内が明るいので、落ち着きません。まだ慣れていないということですね。リクライニングをした時、座席の囲いに謎のシールが貼ってあるのを見つけてしまったのは内緒です。きっと誰かが搭乗の印で貼っていったのでしょう。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175548j:image

羽田も近くなり、やり残したことがないか確認します。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175554j:image

このライト、どうやってONにするのかと思いながら回すとONになるという、画期的なもの。

 

 

まもなく着陸!

f:id:DREAMLINER:20210906175714j:image

島が見え始めます。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175604j:image

こちらは滑走路が見えるので、大島でしょうか。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175530j:image

そして千葉県に上陸。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175659j:image

さて、都心上空ルートになるか否か。前日は強い南西風の影響で、都心ルートとはならなかったんです。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175720j:image

うっすらと成田空港。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175723j:image

ここでエンジンの羽根が見えます。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175542j:image

左側の窓に東京の景色が見え始めました。都心ルートで間違いないようです。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175601j:image

右側座席の見どころとしては、渋谷。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175727j:image

大崎のビル群。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175558j:image

そして大井車両基地

 


f:id:DREAMLINER:20210906175616j:image

遠くには横浜が見えます。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175524j:image

羽田空港が見えてきました。右側座席なら、飛べない飛行機たちを眺めることもできます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210911222926j:image

ゴーアラウンドという淡い期待を抱きますが、現実は甘くありません。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175653j:image

普段はなかなか見られないアングルから。

 

 

着陸!

f:id:DREAMLINER:20210911222959j:image

無事着陸。ただでさえ遅延しているわけですから、これでゴーアラウンドとなったら大変なことになります。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175619j:image

地方空港をベースとした方が、初めて羽田に降り立ったとき、この大型機の多さにどんなことを思うのでしょう。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210911223033j:image

ここからサテライトターミナルに向かって走行していきます。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175640j:image

この飛行機、最近羽田で見かけることが多いですが、どのような関係の飛行機なのでしょうね。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175527j:image

着陸をこの距離で、同じ高さから見られるのは貴重です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210911223132j:image

おや、サテライトターミナル通り過ぎてないですか?もしや、ボーディングステーションに到着か? とも思いましたが、グラハンさんが待機していなかったので、違うようです。じゃあもう沖止めしかない!

 


f:id:DREAMLINER:20210906175521j:image

ユナイテッド航空の新塗装。羽田では初めて見ました。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175733j:image

余命宣告されたベアドゥ機。今思えば、なぜRWY16Lに着陸なのか…?

 


f:id:DREAMLINER:20210906175708j:image

客扱いができるオープンスポットではきっと最北であろう、501番に到着。

 

 

楽しい沖止め降機

f:id:DREAMLINER:20210906175613j:image

降機ムービーは、歌舞伎のメイキングビデオに代わり、「Another Sky」の演奏ムービーとなっておりました。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175518j:image

降機です。いつもは見かけないのですが、降りようとせず座っている方を数名見かけました。できるだけ長く座っていたい気持ちはよくわかります。

降機時、CAさんから恒例のポストカードをいただきました。飛行機好きがバレてしまいましたね。ありがとうございます!

 


f:id:DREAMLINER:20210906175545j:image

タラップを降ります。海外のタラップには雨除けがないので、気持ちいいのですが…。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175536j:image

圧巻の眺め!整備場見学ができない今、機体を地上から見られるのは沖止めしかありません!

 


f:id:DREAMLINER:20210906175643j:image

バスに乗るよう促されるので、なかなか落ち着いて眺めることはできません。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175711j:image

バスでターミナルに向かいます。このグループでは最後の方の乗車だったので、座席は残っておらず…。搭乗機から離れていきます。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175649j:image

エアドゥ2機。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210911233943j:image

並ぶ3機。その後、66番スポットあたりまで走り、Uターンして到着したのでした。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175551j:image

5分ほどで到着。だいぶ割愛してしまいましたが、立ち席だったので良い写真が撮れなかったんです。この位置は素晴らしい!この飛行機の出発まで、ここで見ていたいものです。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175730j:image

地上に立っていると、小型機でも大きく見えます。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175637j:image

出発するJA610A。機齢からすると、あと5〜6年一貫してANAで運航されて退役ですかね。ソラシドエアのB767導入も、夢物語程度に期待したいですがね。羽田-那覇や、もし開設すれば羽田-福岡などなど…。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175656j:image

荷物は既に出てきております。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175607j:image

我々は自分の荷物との競争に負けたのですね。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175735j:image

今回の旅も、これにて終了。

 

 

羽田の展望デッキへ

f:id:DREAMLINER:20210906175742j:image

毎度恒例ですが、展望デッキで余韻に浸ります。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175634j:image

広島から、今回の搭乗機と同型機が着陸。搭乗機の着陸と照らし合わせます。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175631j:image

台北松山空港まで乗せてくれたのはこの子です。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175739j:image

デルタはシアトルへ離陸。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175702j:image

鶴丸機はサンフランシスコへ離陸。ちなみにこのJA738J、2021年8月現在において、Flightradar24では私の写真が掲載されております。どうぞよろしくお願いいたします。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175622j:image

オリンピック塗装をまとった、JA741Aがお散歩。開催期間中、一度も飛べなかったのが悔やまれます。赤青両社とも、オリンピック塗装機がB777に偏っていたため、開催期間中に運航していたオリンピック塗装機は、金の鶴丸ただ1機のみ。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175717j:image

退役するベアドゥ、そしておそらくリペイントされるであろうJA741A。まもなく消滅する、2機のスペマ機です。

 


f:id:DREAMLINER:20210906175625j:image

1つの旅を終えた身になると、この広告は結構応えますね。帰りの京急の車内で、次の行き先案は1つ決まりました。実現するかは、お楽しみに…。

 

 

Flightradar24より


f:id:DREAMLINER:20210912004210j:image

f:id:DREAMLINER:20210912004208j:image

 

 

 

 

私のYouTubeチャンネルでは、フライトの全区間機窓動画や機内アナウンス動画などを投稿しております。この機会にぜひ、チャンネル登録をお願いいたします!

https://youtube.com/channel/UCAEmcRj8GP4sryfWYxADuJQ

f:id:DREAMLINER:20211122204512p:image

まるで国際線のようなフライト ANA 羽田-広島 NH677 普通席 搭乗記

f:id:DREAMLINER:20210901122352j:image

久しぶりの地方空港へのフライトです。とはいっても、広島空港は中国地方最大規模の空港。大型機で運航されることもよくあります。今回は、こちらも久しぶりなA321で、広島までフライトです。

 

 

 

Today's flight

  • 航空会社: 全日空 (NH)
  • 便名: NH677
  • 出発地: 東京/羽田 (HND)
  • 出発時刻: 10:40
  • 到着地: 広島 (HIJ)
  • 到着時刻: 12:00
  • 所要時間: 1.20
  • 機材: A321neo (JA149A)

 

 

展望デッキにて

f:id:DREAMLINER:20210901124708j:image

いつもの羽田空港に到着。展望デッキにあまり人がいないことに違和感を感じたのですが、そういえば今日は平日だったのでした。

 


f:id:DREAMLINER:20210901124716j:image

本日のゲートは68番だということは既にわかっています。A321の中でも最近では新しい機材が多く運用に入っており、できれば新しいJA14○AやJA15○Aに乗りたいのですが、果たして…

 


f:id:DREAMLINER:20210901124606j:image

そこにはJA133Aの文字が。落胆したのも束の間、どうやらこの機体はプッシュバックの準備をしているよう。今回の搭乗機ではなさそうです。

 


f:id:DREAMLINER:20210901124721j:image

目の前を見ると、JA149Aがトーイングされてきました。きっとこれが68番に入るのだろうと思います。

 


f:id:DREAMLINER:20210901124601j:image

JA133Aがプッシュバックされ、入れ替わりにJA149Aが今回の搭乗機として68番に入ったわけです。ちなみにこのJA133Aは松山便でした。

 

 

制限エリア内へ

f:id:DREAMLINER:20210901124623j:image

それではチェックインしていきましょうかね。相変わらず人は少ないです。

もともとは同じくA321での運航予定であった、一本前の675便に乗ろうと思ったのですが、いざ予約しようとした時に、そちらの便がB737での運航に変わってしまったので、今回の便に決めたのです。

 


f:id:DREAMLINER:20210901124618j:image

いつもの小部屋から。チェックインはいつも通りカウンターで完了させます。隣のおじさまは、プロペラ機の翼の位置やらなんやらで揉めていました。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902104509p:image

本日の搭乗券です。

 


f:id:DREAMLINER:20210901124557j:image

制限エリア内へ。いつも興奮する瞬間です。1年前のこの時期は千歳に飛んだんですよね。

dreamliner.hatenadiary.jp

 

f:id:DREAMLINER:20210901124610j:image

いつものラウンジへ。

 


f:id:DREAMLINER:20210901124704j:image

人は全然おらず、快適です。数名の子供がマリオカートを遊んでいる音が聞こえ、なんだか懐かしくなりました。

 


f:id:DREAMLINER:20210901124627j:image

地域の日本酒コーナーですが、アルコール提供禁止ということで、寂しい様子に。何か飾ればいいのに。

 


f:id:DREAMLINER:20210901124614j:image

目の前でエンジンをかけ、出発していく飛行機。それをラウンジから見て楽しむのが、いつものお決まりです。展望デッキで見るのとは格段に違う高揚感があります。国際線だと特に顕著です。

 

 

いよいよ搭乗!


f:id:DREAMLINER:20210901124725j:image

f:id:DREAMLINER:20210901124729j:image

夏はやっぱり沖縄ですね。そんな那覇便ですが、あまり賑わっていない様子。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210901124736j:image

f:id:DREAMLINER:20210901124740j:image

宮古便です。相変わらず有償航空券は高く、買う気は起きません。臨時便を除けば1日1便しか運航されておらず、しかもB767というのがまたそそらない所以であります。

 

f:id:DREAMLINER:20210901125156j:image

並ぶANAの飛行機。B777が表舞台から姿を消してから、バリエーションが乏しくなりました。

 


f:id:DREAMLINER:20210901125204j:image

そんなB777ですが、運航停止要請により、オープンスポットに半年近く放置されたままとなっています。その中で一際目立つのが、このJA708A。ロゴが消滅しており、退役フライト待ちとなっておりますが、なかなか飛ぶことができないという現状です。このJA708Aは搭乗済みの機体であり、だからこそ私は彼のことを見かけるたびに触れていこうと思うわけです。

dreamliner.hatenadiary.jp

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902104718j:image

このあたりのエリアは、将来的には国際線専用となり、国内線としての姿は、この数年で見納めとなります。A・Bで分けて、小型機専用となっている67番ゲートも、国際線では1つのゲートになるのでしょうね。

 


f:id:DREAMLINER:20210901125241j:image

68番ゲートに到着。搭乗です!

 


f:id:DREAMLINER:20210901125211j:image

ゲートを通ると、初めて搭乗機が顔を見せます。JA149Aです。

 


f:id:DREAMLINER:20210901125200j:image

68番ゲートにはボーディングブリッジが2本ありますが、このゲートに入るのは基本的にはB767が最大なので、2本使うような飛行機がこのゲートに入ることはありませんね。B787B777が68番ゲートに入ったことはあるのでしょうか。

 


f:id:DREAMLINER:20210901125149j:image

南側に目をやると、B777-300ERが突如現れました。ニューヨーク便となります。彼からしたら、1時間〜3時間程度の国内線なんて、ちっぽけなものでしょうね。個人的に驚くのが、広島に到着し、1日観光して、夜にホテルで一息つく頃にもまだ飛んでいるということなんですよね。

 


f:id:DREAMLINER:20210901125207j:image

こちらにはソラシドエアが通過。こんな近さでタキシングを見られるのは、なかなかないと思います。

 


f:id:DREAMLINER:20210901125216j:image

いつものイヤホンと袋の配布。

 


f:id:DREAMLINER:20210901125152j:image

と思いきや、手作りスマホ立てに変更になっていました。イヤホンは機内でもらう形です。

 


f:id:DREAMLINER:20210901125145j:image

ここまで来るのに3分はかかったんじゃないでしょうか。ゲートから飛行機までの距離が遠いうえ、その間に見える景色が素晴らしいのが原因です。

 


f:id:DREAMLINER:20210901125229j:image

乗り込みます!

 


f:id:DREAMLINER:20210901125220j:image

機内は混雑しており、写真が撮りにくい…。これが単通路機の欠点です。そして機内がやけに暗いと思いましたが、これは窓のシェードが全て閉まっていたからなんですね。環境に配慮されるらしいです。鶴丸も以前こういった取り組みをしている便があったのを知っているのですが、ANAも追従しているとは…。とはいえ、結局着席後はみなさん窓を開けており、環境への負担が軽減された代わりに、我々の負担が増えたことになります。

 


f:id:DREAMLINER:20210901125233j:image

プレミアムクラスです。鶴丸A350のクラスJシートと同じレベルな気もするのですが、気のせいでしょうか…。もちろん電動リクライニングであるこちらの方が優れているのでしょうけれども。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210901130951j:image

自席である6Aに着席。こんなに前の方に座ったのは初めてです。いつも思うのですが、この液晶、結構反射するんですよね…。

この機体がまだ受領から半年の新品だからか、背もたれにもたれかかるたびに、座席がバキバキ鳴るのです。飛んでからはあまり気になりませんが、地上駐機中はまわりに気を使ってしまいます。

 


f:id:DREAMLINER:20210901125224j:image

エンジンの回転までよく見えるこの座席を指定。ただ、わざわざ見ようとしないとエンジンは見えず、面倒であります。やはり基本的には後方座席が良いかもしれませんね。

夏では珍しい北風運用を期待して左側を指定しましたが、見事、本日は北風運用です!

 

 


f:id:DREAMLINER:20210901131945j:image

f:id:DREAMLINER:20210901131941j:image

安全のしおり。

 

 

出発!

f:id:DREAMLINER:20210901131608j:image

ボーディングブリッジが離れていくのを見られるのは、前方座席の特権です。

今回、普通席最前列には、外国人が5名座っておりました。翌日行われる、平和記念式典への出席者で間違いないでしょう。CAさんも積極的に彼らに話しかけます。まるでビジネスクラスのように。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131416j:image

A350が着陸。鶴丸A350を見ると、特別な機材だと自分の中では思いがちですが、やがてこれはANAB787と同じような、鶴丸では当たり前の機材になるでしょう。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902153334j:image

プッシュバックされ、エンジンが始動します。あまり大きく感動的な音はしませんでした。最近のエアバス機は防音性能が優れすぎている気がします。

いつもの歌舞伎の安全ビデオが流れます。外国人さんもビデオに釘付けです。搭乗機はRWY34R末端へと進んでいきます。基本的に国内便が34Rから離陸するときは、滑走路の途中から進入して離陸するインターセクションディパーチャーとなりますが、この時間帯は国際線の便も多く、混み合うので、末端からの離陸となるわけです。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131330j:image

稚内へ離陸!

 


f:id:DREAMLINER:20210901131714j:image

こちらは紋別便。ANAでは数少ない、スカイインテリア仕様のB737で、当たりとなります。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131448j:image

エアドゥへの払い下げ転籍が決まったJA605A。ただ、その機齢と、機内仕様も変えないという手抜きお手軽仕様であることから、数年で退役となることが予想されます。その時は、JA615A〜JA618Aあたりがまた払い下げ転籍されるんでしょうね。

(追記: 機内仕様を変えないというのは、シートカバーもそのままかと勝手に思っておりましたが、実際には普通席のシートカバーがエアドゥ仕様に張り替えられたようで、中身もしっかりエアドゥに変身していて安心しました)

 


f:id:DREAMLINER:20210901131556j:image

そんなエアドゥのB737が着陸。ANA本体のものは全て退役してしまいましたが、エアドゥのものならあと7〜8年は安泰でしょう。機齢も対して変わらないのに、退役させられたANA本体の機体が気の毒です。

ANAはこのB737-700を「老朽化」として退役させていますが、まだ15歳前後の機体です。老朽化というなら、20歳を越してからではないでしょうか。そして、13機退役させられたB777-300ERと機齢は同じなのです。それなのに後者は「まだまだ飛べる」と言われています。本当は、B737-700は使い勝手が悪かったから、早く消えてほしいと思っただけではないですか?

 


f:id:DREAMLINER:20210901131423j:image

滑走路末端へ。JALB787-9。ヘルシンキ便です。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131600j:image

JAL機の着陸の後、離陸です。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131549j:image

滑走路へ進入。このように滑走路に立ったかのような写真が撮れるのも、前方座席の特権。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131505j:image

こちらはモスクワ便。去年の小松便ではANAの米国便B777に挟まれての離陸でしたが、今回はJALの欧州便B787に挟まれての離陸となります。

dreamliner.hatenadiary.jp

 

 

離陸!美しい東京の景色

f:id:DREAMLINER:20210902154042j:image

離陸しました!国内線の小型機は、滑走路の途中から進入して離陸する、インターセクションディパーチャーが普通ですが、この時間は国際線で混み合う時間であり、仕方なく滑走路末端から離陸したという具合です。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131440j:image

模型のように並ぶ飛行機。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131541j:image

B滑走路を眺めながら、機は右に旋回します。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131436j:image

後から気づきましたが、お台場海浜公園に五輪シンボルが浮かんでいるのが見えますでしょうか。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902154754j:image

東京上空には雲がなく、よく見えます。ただ、やはり冬の方が綺麗なのは確かです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902155509j:image

荒川に沿って上昇していきます。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131444j:image

スカイツリーも間近に!

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902155836j:image

この景色が見たかったから左側を確保していたのです。前回はB737で体験しましたので、今回はA321で体験したかったんです。だから先程言ったように、675便は避けたんですよ。

外国人の方も含め、みなさん東京の景色に感動している様子。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131401j:image

比較道具として勝手に使われる東京ドーム。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210901131413j:image

国立競技場も見えます。便器の貫禄を感じられます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902160918j:image

都心飛行はこれで終了。だんだん離れていきます。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131452j:image

滑走路を発見。調布飛行場と思われます。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131337j:image

富士山が見えてまいりました。雪を被っていないのがマイナスポイント。冬に見るのが1番良いですね。

 

 

機内での時間

f:id:DREAMLINER:20210901131409j:image

まずはトイレ散策から。小型機だからか、少し狭く感じますが、青を基調としたANAらしいトイレです。実は私が入ったこのトイレ、扉がジャンプシートと一体化しているのです。そこにトイレあるんかい!という感じであり、扉も少し重くなっています。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131513j:image

単通路機なので、最前方と最後方にしかトイレはありません。そして最前方はプレミアムクラス専用なので、普通席最前方の人々は、トイレが遠いという問題に直面します。個人的には合法的に最後方からの機内を撮影できるので、メリットになります。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131357j:image

L3ドアからの眺め。この眺めが個人的には落ち着きます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902162634j:image

自席に戻ると、ドリンクサービスが始まっています。ドリンクはいつものコンソメスープ。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902163500j:image

分かりづらすぎると思いますが、小牧空港です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902163001j:image

セントレアもうっすらと見えます。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210902162802j:image

f:id:DREAMLINER:20210902162757j:image

コントローラーも昔に比べだいぶシンプルになっていますね。特にこの裏面。赤黄青緑とカラフルだったABXYボタンが、黒で統一されてしまっています。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902163224j:image

大阪あたりでしょうか。なんとも夏らしい空が広がっています。

プレミアムクラスとの間にはカーテンがあり、前を向くとそこには外国人客の姿しかなく、国際線に乗っているかのような気分です。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131353j:image

雲はわたあめのようだとか言いますが、この時の私にはポップコーンに見えましたね。

 

 

まもなく到着

f:id:DREAMLINER:20210901131456j:image

岡山空港です。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131345j:image

尾道あたりでしょうか。羽田出発時の風向き予報では、RWY10への進入と思われましたが、反対のRWY28着陸のルートを飛行しているように思えます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902164131j:image

と思いきや、空港の南側を飛行し、折り返しRWY10に着陸するというルートのようでした。空港の北側から回り込んでの着陸が主流だと認識していたので、意外でした。

 

 

着陸!

f:id:DREAMLINER:20210902164504j:image

ファイナルアプローチです。山がちな風景が広島空港らしいです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902165448p:image

機外カメラには滑走路が見えています。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131333j:image

広島空港の土地は周りより高くなっています。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902164919j:image

着陸!

 


f:id:DREAMLINER:20210901131426j:image

はじめまして、広島空港!他に飛行機はいないようですね。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131341j:image

駐機場に到着です。ドアが開く直前、機長が突然アナウンスを始めました。しかし、なぜかコソコソと話している。内容としては、前方席から順番に降機するようにという、いつものお願いでした。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210902165310j:image

最前方ですので1番最初に降りることができますが、いつも通りゆっくり出ることにします。

ところでこのビジネスクラス 、なぜモニターを座席背面に設置しなかったんでしょうね。肘掛けから取り出すタイプのモニターは離着陸時の使用が禁止されているため、モニターの使用可能時間の面では普通席の方に軍配が上がります。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131509j:image

いつもの角度から。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131501j:image

ボーディングブリッジを渡ると、そこにはひまわりが咲いていました。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131533j:image

所要時間1時間20分。福岡線よりは短い飛行時間ですが、単通路機としては長く感じました。長い方が嬉しいんですけどね。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131521j:image

私の荷物は1番最初に流れてきました。さっさと外へ。

 

 

広島空港を見学

f:id:DREAMLINER:20210901131405j:image

怒涛の東京ラッシュ。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131349j:image

出発ロビーへ。少し雰囲気が暗いのが気になります。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131316j:image

羽田に倣って、車を飾っております。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131537j:image

灼熱の展望デッキへ。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131545j:image

搭乗機が羽田への折り返し準備中です。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131525j:image

同じく羽田からの鶴丸機が着陸。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131552j:image

地方空港では、展望デッキから1番見やすいスポットというのは、今まで見た限りいつもANAの使用スポットになっているんですよね。理由はわかりません。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131321j:image

広島市街へのリムジンバスは、到着便の時間に合わせたものしかなく、12:50のバスを逃すと15:00までないということで、搭乗機の折り返しを見送ることを断念。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131325j:image

バスに乗り込みます。

 


f:id:DREAMLINER:20210901131431j:image

滑走路の進入灯がそそり立ちます。搭乗機は向こう側へと離陸していったはずです。

 

 

Flightradar24より


f:id:DREAMLINER:20210912005558j:image

f:id:DREAMLINER:20210912005555j:image

 

 

 

 

私のYouTubeチャンネルでは、フライトの全区間機窓動画や機内アナウンス動画などを投稿しております。この機会にぜひ、チャンネル登録をお願いいたします!

https://youtube.com/channel/UCAEmcRj8GP4sryfWYxADuJQ

f:id:DREAMLINER:20211122204227p:image

かつての思い出にふけながら ANA 福岡-羽田 NH258 普通席 搭乗記

f:id:DREAMLINER:20210430231933j:image

福岡からの帰りは、今流行りの78Mとなります。つまり国際線機材ということです。おかげで海外から日本に帰るときのあの感覚を思い出させてくれました。

 

 

 

Today's flight

  • 航空会社: 全日空 (NH)
  • 便名: NH258
  • 出発地: 福岡 (FUK)
  • 出発時刻: 15:20
  • 到着地: 東京/羽田 (HND)
  • 到着時刻: 17:05
  • 所要時間: 1.45
  • 機材: B787-8 (JA831A)

 

 

サクッと読みたい人のために、同行者がこのフライトの搭乗記を簡潔に執筆しています。

a350-900.hatenablog.jp

 

空港にて

f:id:DREAMLINER:20210430231927j:image

またしても地下鉄で福岡空港に到着。とはいえこのエスカレーター、2階に上がってからチェックインカウンターがないことに気づいて1階に降りてくる人はいったいどれほどいるのでしょう。

 


f:id:DREAMLINER:20210430231938j:image

そんな私はエレベーターで最上階まで行くという特殊な人なのであります。

 


f:id:DREAMLINER:20210430231947j:image

スカイマーク天国。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210502233244j:image

エアバスボーイングの代表機材であるA350B787の並び。

 


f:id:DREAMLINER:20210430232138j:image

ちょうど良い時間なので、少し腹ごしらえ。

 


f:id:DREAMLINER:20210430231952j:image

赤社と青社の小部屋が仲良く並んでいます。多くの人が両社の測定器で体温だけ測定して立ち去っていくというのが印象的でした。

 


f:id:DREAMLINER:20210501002322j:image

私は青社の小部屋に吸い込まれていきます。

 

 

福岡空港ANAラウンジ

f:id:DREAMLINER:20210430231943j:image

そして流れるようにラウンジへ入っていきます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210430232415j:image

新千歳空港のオブジェは「山」でしたが、こちらには九州の工芸品が飾られているようです。手前から、博多人形唐津焼、有田焼、福岡の線香花火 だそうです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210501004535j:image

ラウンジからは空港の北側が一望できます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210501223546j:image

ここで、本日の搭乗券です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210501004644j:image

「ラウンジの牛乳は美味い」というのを知ってからは、毎回ミルクスタートになっています。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210430232223j:image

f:id:DREAMLINER:20210430232218j:image

f:id:DREAMLINER:20210430232227j:image

飛行機を眺めながら、ゆったりと…。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210604032100j:image

2年前のリニューアルで広くなったというラウンジ。仕切り板が景観を損なってしまっていますが、仕方ない。

 

 

 


f:id:DREAMLINER:20210430232306j:image

f:id:DREAMLINER:20210430232302j:image

そうこうしていると、搭乗機、JA831Aが着陸してきました。野菜が食べたくなりますね(?)。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210501005244j:image

f:id:DREAMLINER:20210501005240j:image

そしてスポットイン。78Pと78Mが横に並びました。奥の78Pは先発のNH256なのですが、搭乗時刻にゲートに現れないマイペースなお客様が多かったようで、出発が遅れたようです。待たされた他の方々はお気の毒ですが、遅れて乗り込んで白い目で見られる "マイペースなお客様" にも同情してしまいます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210501010956j:image

並ぶ垂直尾翼。同じB787でも、手前のJA831Aはいつも海外を飛び回っていますが、奥のJA824Aはほとんど日本に留まったまま。言ってしまえば「井の中の蛙」なわけです。同型機で、基本的には同じ性能を持ちながらも、機体ごとに仕様や役割をはっきり分ける日本の航空業界の運用は、世界でも稀です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210430232729j:image

ドリンクコーナーに入るときはアルコール消毒が強制されており、しない者はスタッフによって排除されます。

 


f:id:DREAMLINER:20210430232733j:image

ラウンジの風景、そして窓の外にはANAの尾翼という模範的な光景ですが、目の前の8番スポットに鶴丸の尾翼が来ることも普通にあるので、面白いです。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233104j:image

首里城塗装のJTAを発見。A350のJA05XJもこれくらいやれば目立つのに…。と思っていたら、翌月には両方とも特別塗装終了となってしまいました。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233024j:image

時間になったのでラウンジを後にします。去り際にもう一度搭乗機を眺めます。どこの空港でも思うのですが、この棒邪魔ですね。

 

 

いよいよ搭乗

f:id:DREAMLINER:20210430233052j:image

搭乗口前には多くの人が集まっており、3ヶ月前とは比べ物になりません。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233056j:image

目の前を到着用通路が通っているからか、8番ゲートでの出発ロビーからの撮影は期待できません。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233019j:image

搭乗はまだ始まっていないようです。確かにこの機体の福岡空港到着は遅れ気味だったような気がします。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233033j:image

そして事前改札が始まります。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233038j:image

そして搭乗。21Aということで右側に進むべきですが、私はここで左側に進みます。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233109j:image

乗り込みます!

 


f:id:DREAMLINER:20210430233028j:image

そう。L1ドアから入ったのは、このプレミアムクラスの光景を眺めるためでした。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233043j:image

L2ドアを過ぎてもまだ広がるクレードルシート。全部で40席ありますが、本日は満席のようです。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233048j:image

エコノミークラスと呼びたくなりますが、ここでは普通席です。

この先のL3ドアで反対側の通路に移り、折り返して着席です。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233442p:image

ぞくぞくと席は埋まっていきます。この光景を見ていると、どこからか中国人の声が聞こえてくる気がしますが、今回は国内線。乗客は皆日本人です。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233456j:image

お久しぶりの国際線シートです。最近は国内線の普通席にも、これより大きなモニターが付き始めているというから驚きです。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210430233502j:image

f:id:DREAMLINER:20210430233508j:image

安全のしおりは国内 / 国際 で統一されています。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210501225514j:image

どうやら離陸後25分間はベルト着用サインはつけっぱなしだそうで、大きく揺れる楽しいフライトの予感です。

 

 

出発

f:id:DREAMLINER:20210430233913j:image

いつもの安全ビデオ。国際線なら特に気分が高まる瞬間です。以前の安全ビデオに慣れ親しんでいる身としては、旧安全ビデオはテンポ感のあるBGMによって、これから飛び立つ高揚感と緊張感を演出されていて好みでした。ただ、インバウンド客にとっては、歌舞伎風ビデオの方が日本に向かう高揚感は上がりそうなので、その面では良いかもしれません。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234109j:image

お手振りです。先程とはランウェイチェンジしたようで、南側に向けて走っていきます。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234048j:image

展望デッキの皆さんもお手振りです。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233943j:image

嵐塗装が剥がれ、何の魅力もなくなったJA04XJ。翼が接触しそうです。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234028j:image

福岡空港での走行中に一際目立つラーメン屋。立地としては観光客が行くようなところではなさそうですが、飛行機から見えるということで、立ち寄る観光客もいるのかもしれません。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233853j:image

向かい風が強いからか、残念ながら野球場スポットには届かず、インターセクションディパーチャーとなりました。

 

 

離陸

f:id:DREAMLINER:20210430233924j:image

自衛隊の飛行機を横目に離陸。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234136j:image

これが日本への帰国便なら、上昇していくこの瞬間に、自分が滞在していた国の様子を最後に眺めながら、そして久々に見られる祖国の風景に思いを馳せるときです。国内線ではそんな感情は一切湧かないので、寂しいです。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233845j:image

今は上海からの帰国中だとか、バンコクを飛び立っただとか、何ならパリを離陸して長い空の旅の始まりだとか妄想してみると、なかなか楽しいです。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234043j:image

旋回中に太陽光を浴び過ぎてしまった結果、GoProのSDカードが高温になってしまい録画が何度か止まってしまう事態に。効果があるかは別として、とりあえず扇いでみます。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233903j:image

地図を見ていても思いますが、やはり日本は山地が多いです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210501232653j:image

ここで予報通り大きく揺れ始めます。普段はこんな揺れに遭遇することはないので、興奮してしまう自分です。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233956j:image

雲を抜けると揺れは収まり、ベルト着用サインは消えるのでした。

 

 

機内散策

f:id:DREAMLINER:20210501233615j:image

感染症対策ビデオが流れ始めたようです。全座席の画面で同じ映像が流れているこの光景、好きです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210430234125j:image

トイレ散策へ。本当は窓ありのトイレに入りたかったのですが、残念ながら人気で入れず…。国際線機材ですのでウォシュレットがついてきます。逆になぜ国内線用B787には付けなかったのか…。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234019j:image

ギャレー。国際線機材なのでオーブンがあるかと思いますが、弁当を持ち込んだ場合には温めてもらえるのでしょうか。機内食用の特別なオーブンなので無理かもしれません。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234010j:image

ドア。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233848j:image

カーテンの向こう側の世界というのは、私にはほとんど縁のないものです。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234114j:image

残念ながら揺れへの懸念ということで、コンソメスープの提供はなし。アップルジュースで我慢です。ほら、見た目はコンソメスープそのものでしょう。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233939j:image

面白そうなコンテンツを発見したので、少し見てみます。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233935j:image

ドリンクサービスが終われば、もう雲の中へ突入。まだ名古屋あたりですが…。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234120j:image

機内配布最終版の翼の王国をゲット。4月からの表紙はシンプルになってしまい、寂しいものです。資源を守ろうとするばかりに、何か大切なものを失ってしまっているように感じます。

 

 

都心上空ルートへ

f:id:DREAMLINER:20210501234805j:image

ここから30分かけて着陸するようです。初めての都心上空ルートということで、楽しみです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210430234130j:image

川口あたりでしょうか。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233948j:image

あいにくの天気ですが、皇居が見えます。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234052j:image

東京タワーとその他ビル群。スカイツリーは曇っていてよく見えず…。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234014j:image

台場のあたりです。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234032j:image

城南島が見えると、まもなく着陸。この辺りでふわっと機首が上がったので、ゴーアラウンドかと思いきや、着陸するようです。

 

 

着陸

f:id:DREAMLINER:20210430234036j:image

何事もなく着陸。我々の前はゴーアラウンドしたスタフラ機、その横には同じくゴーアラウンドした全日空機がいただけに、悔しくもあります。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234100j:image

運航停止となったP&Wエンジン搭載機が並びます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210430233931j:image

退役フェリー待ちのJA708Aは、何のためか、羽田の敷地内を定期的に移動しているようです。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233951j:image

飛行機置き場と化した69〜73番ゲート。右端には、レストランに変わってしまったJA782Aもいます。将来的には結婚式場にもなるようです。

(追記) 結婚式場はJA783Aが担当することになりました。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234140j:image

ロゴが塗りつぶされたJA708Aは、遠くからでもはっきり分かります。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234104j:image

60番代スポットはB787だけとなってしまっています。我々は61番スポットに入ります。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233835j:image

隣のB787は伊丹へと出発。こちらも国際線機材です。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233919j:image

毎度恒例の、ベルト着用サインの消灯ともに立ち上がる人を観察する会。立ち上がってしまう人はやはりいましたが、立つなという再度のアナウンスで、皆さん席に戻ります。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234023j:image

勿体ないほど広いこのマップ。ロシアを簡単に横断できた時代が懐かしいです。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234005j:image

降機です。この「降機」という言葉、CAさんもアナウンスで普通に使うようになってしまい、事務的でかつ分かりにくいです。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234000j:image

最近のモニターは大きくなる一方で、このクレードルシートのモニターは見劣りしてしまいます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210502001229j:image

お決まりのアングルも忘れず回収。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233907j:image

曇りの日は写りも微妙ですね。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234056j:image

退役機を補う形で(?) 最近急に増えたTOMODACHIロゴ機。お互いが並ぶのもよく見る光景となってしまっています。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233840j:image

手荷物受け取り場ですが、大都市の名前ばかりが出ています。

 


f:id:DREAMLINER:20210430233859j:image

この出口を通ると一瞬で現実に戻ってしまう気がして、いつも通るときは覚悟を決めています。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234312j:image

はい、現実世界に戻ってまいりました。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234302j:image

展望デッキに来るのはいつも通りです。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234307j:image

搭乗機の本日の仕事は終了のようです。

 


f:id:DREAMLINER:20210430234257j:image

明日に備えて一足早く寝床へ連れて行かれました。

 

 

Flightradar24より


f:id:DREAMLINER:20210504223756j:image

f:id:DREAMLINER:20210504223752j:image

 

満席とはおめでたい ANA 羽田-福岡 NH251 普通席 搭乗記

f:id:DREAMLINER:20210404233532j:image

福岡は3ヶ月前にはじめてのJALで訪れ、次回行くことがあればANAでビジュアルアプローチを! と思っていましたが、こんなにすぐ行くことになるとは思っていませんでした。宣言解除直後のANAの様子です。

 

 

 

Today's flight

  • 航空会社: 全日空 (NH)
  • 便名: NH251
  • 出発地: 東京/羽田 (HND)
  • 出発時刻: 11:25
  • 到着地: 福岡 (FUK)
  • 到着時刻: 13:25
  • 所要時間: 2.00
  • 機材: B767-300ER (JA618A)

 

 

ちょっと嬉しい?機材変更


f:id:DREAMLINER:20210405005054j:image

f:id:DREAMLINER:20210405005059j:image

元々は両方ともB787で予約していましたが、写真のように機材が変更となってしまいました。最近は国際線仕様のB787-8を78Mと称して国内線に投入しており、人気が高い機材ではありますが、あまりに人気で予約が多くなったせいか、席数の多いB767に大型化されてしまいました。とはいえ、復路は78Mとなっておりますし、往復同じ機種に乗るよりは良いのではと改めて思い、逆にラッキーな気もしました。なお、B767が嫌いな今回の同行者は憤慨しておられました…。

実は今回、初めて株主優待券というもので予約しております。

 

サクッと読みたい人のために、同行者がこのフライトの搭乗記を簡潔に執筆しています。

a350-900.hatenablog.jp

 

 

空港へ

f:id:DREAMLINER:20210404233721j:image

成田スカイアクセスでは定番のこの列車で羽田空港に到着。扉上部に成田空港のターミナル案内があり、羽田利用者を一瞬戸惑わせる厄介者です。

 


f:id:DREAMLINER:20210404233712j:image

旅行客は少しずつ戻っているように思えます。

 


f:id:DREAMLINER:20210703164114j:image

展望デッキにやって来ました。こちらは搭乗便の1本前の福岡行き247便です(249便は欠航)。実は出発数日前、こちらの方が空いているというのを見て、こちらにしようかとも考えましたが、結局変えませんでした。このJA608Aは以前、大連からの帰国便で搭乗したことがある機体であります。そして奥に見えるのは、退役候補となっているJA605A。こちらが搭乗機かと思いましたが、石垣便のようです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210405110019j:image

※国際線時代のJA608A。大連空港にて。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210503010002j:image

f:id:DREAMLINER:20210503005957j:image

飛行機の姿は少ないです。10時前というのは、こんなものなのでしょうか。

 

 

ANAラウンジへ
f:id:DREAMLINER:20210404233730j:image

欠航もだいぶ減っています。午前便はそもそも欠航便数は少ないように思います。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210405002536p:image

本日の搭乗券。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210703164810j:image

そして本日使用した株主優待券。期限が延長されたものを入手しました。

 


f:id:DREAMLINER:20210404233802j:image

南側のANAラウンジにやってきました。

 


f:id:DREAMLINER:20210404233806j:image

今回の日本酒は近畿特集でした。

 


f:id:DREAMLINER:20210404233743j:image

ここでやってきたのは、前回の福岡便でお世話になった、JA08XJ。搭乗から3ヶ月、すっかり日本には馴染んだ様子。ANAの上級顧客にさりげなく宣伝していきます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210606232433j:image

キッズスペースも閉鎖中。

 

 

f:id:DREAMLINER:20211205095147j:image

実は搭乗前日、こんなメールが届いておりました。満席のお知らせです。なるほど、満席だとANAも嬉しいですもんね。ついつい報告したくなる気持ちもわかります。手荷物お預けへのご協力のお願いということでした。手荷物を預けるのに課金しなくてはいけない、AF社などはどうしているのでしょう。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210405000449j:image

それではラウンジを後にします。搭乗開始10分前までにラウンジを出なくては、Group1の搭乗に間に合いません。

 

 

搭乗口へ

f:id:DREAMLINER:20210404233707j:image

本日は52番ゲートからの搭乗ですので、だいぶ距離があります。出発準備中の飛行機を見ながら歩いていきましょう。こちらは那覇便。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210411233830j:image

伊丹へ出発準備中のB767。1年前に乗ったJA609Aということで、まずは搭乗機被りを防げて安心です。

 


f:id:DREAMLINER:20210404233658j:image

そして石垣便。宮古・石垣への直行便は航空券がとてつもなく高い記憶があります。今後行くことがあっても、マイルかPeach利用になりそうです。

 


f:id:DREAMLINER:20210404233739j:image

こちらは長崎便。

 


f:id:DREAMLINER:20210404233735j:image

羽田の沖止めも一度体験してみたいですね。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210405010838j:image

52番ゲートが見えて参りました。

 

 

いよいよ搭乗!!

f:id:DREAMLINER:20210404233810j:image

本日の搭乗機です。こちらのゲートは窓が無駄に洒落ていることはないので、搭乗機の撮影には適しています。

 


f:id:DREAMLINER:20210404233754j:image

奥に駐機されていたのはB777-300。ひっそりと飛べる日を待つのみです。実は2月あたりに沖縄に行く予定でしたが、某宣言の影響でボツに。搭乗予定便に充当されたのがこのJA751Aでした。7機のB777-300のうち5機は、大型機の削減計画からは外れたものの、退役も時間の問題でしょう。500人乗りというこの奴隷船機材には、早めに乗っておかなくてはなりませんね。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210405002520j:image

では、搭乗です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210405002755j:image

機長さんのお顔は拝めず…。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210522232134j:image

この奥に貴賓室があったはずですが、現在は重機が鎮座しています。サテライトとの連絡通路を増築するために、別の場所に新しく作ったのだと思いますが、思い入れがあるだけに寂しい。

 


f:id:DREAMLINER:20210404233758j:image

乗り込みます!

 


f:id:DREAMLINER:20210404233725j:image

2-1-2のプレミアムクラス。中央席は快適そうですね。

 


f:id:DREAMLINER:20210404233747j:image

そして2-3-2の普通席。

 


f:id:DREAMLINER:20210404233717j:image

本日の機窓はなかなか素晴らしいですね。機材変更で勝手にこの席に割り振られましたが、なかなか良いところに飛ばしてくれて感謝です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210405003844j:image

いつもの座席です。何も言うことはありません。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210405003916j:image

f:id:DREAMLINER:20210405003920j:image

いつもの安全のしおりです。何も言うことはありません。ちなみに前回B767の安全のしおりとは色が変わっているようです。

 


f:id:DREAMLINER:20210404233628j:image

やがて機内は満席に。いつもの機内安全ビデオで、気持ちを落ち着かせます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210405003641j:image

上映が終わってもなかなかプッシュバックしません。ちょうど北風運用から南風運用への変更がなされており、調整に時間がかかっているようです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210529232114j:image

搭乗した時に隣にやって来たソラシドエアは、もう次の便の客を入れ始めています。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003605j:image

10分ほど遅れ、出発。行ってきます。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210405004203j:image

f:id:DREAMLINER:20210405004158j:image

両社ともロンドン行きです。



f:id:DREAMLINER:20210405003723j:image

こちらのB777はエンジンを外され、無残な姿に。そして奥のB777は退役準備が完了し、悲しい姿に。あれは去年の8月に搭乗したJA708A。自身のエンジンが仇となり運航停止、そのまま退役となった彼らのことを考えると、複雑な心境であります。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003557j:image

離陸機の順番待ちとなっており、B滑走路横で待機です。着陸機を眺めます。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003539j:image

こちらはパリ行き。

 

 

離陸!!

f:id:DREAMLINER:20210405011141j:image

離陸の順番が来ました。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003521j:image

昼間のエミレーツも違和感がなくなってきました。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003550j:image

離陸しました。上昇角がなかなか急な気がします。それもB767の特徴でしょう。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003632j:image

浮島町公園が眼下に。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210405011446j:image

旋回していきます。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003543j:image

後ろには宮古便のスタアラ塗装機JA614Aが追いかけてきています。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003626j:image

羽田空港を眺めます。このあと自宅を見ることができ、興奮していました。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210405011727j:image

f:id:DREAMLINER:20210405011723j:image

f:id:DREAMLINER:20210405011720j:image

左から横田基地立川駐屯地調布飛行場です。

 


機内の様子

f:id:DREAMLINER:20210405003645j:image

前述の通り、本日は満席です。3ヶ月前のJAL便からは想像もできないような賑わいです。

トイレを待ちながらCAさんがコンソメスープの準備をしているのを眺めていましたが、毎回味見するんですね。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210405013758j:image

f:id:DREAMLINER:20210405013754j:image

ドア。



f:id:DREAMLINER:20210405003711j:image

そしてサービス開始。しかし、コンソメスープは1つ前の客で売り切れ。頼んだら、出来立てを持ってくるとのこと。ほう、響きは良いですね。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210405013639j:image

序盤は繋がっていたフライトレーダーですが、繋がらなくなってしまいました。周りは多くの人がWi-Fiを利用しているようで、パンクしているのかもしれません。

機長アナウンスでは、遅延回復のため速度を上げて飛行しているとのこと。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003546j:image

そしてしばらくして持って来てくれました。この時、すでに中国地方に突入しております。満席の機内ではサービスも時間がかかり大変でしょう。ANAコンソメスープは1年ぶり。やはり一番好きなドリンクです。ところでスープを渡してくれたCAさん、後ろの客におかわりの声かけをしているではありませんか。なぜか格差を感じてしまいました。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003601j:image

羽田から直行便が出ている空港の中では最も影が薄い気がする石見空港を発見。

 

 

いよいよ着陸

f:id:DREAMLINER:20210405003529j:image

本州の端っこです。ここから先、左側の座席からは福岡県を眺めることができるのでしょうが、右側の我々はひたすら海と島です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210405003656j:image

地味に九州と陸続きになっている志賀島です。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003553j:image

シーサイドももちがよく見えます。ということは…

 


f:id:DREAMLINER:20210405003532j:image

そうです。ビジュアルアプローチとなりました。しかし旋回の外側なので何も見えず…。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210405014551j:image

左側が羨ましい…。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003613j:image

態勢を整えて…

 


f:id:DREAMLINER:20210405003700j:image

ドスン!と、B767らしい着陸でした。回復飛行をした割には、飛行時間は直近1週間のものとあまり変わりませんでした。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003514j:image

展望デッキの皆さま。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003509j:image

遅延してしまったことで、到着ゲートが予定の8番から9番に変更となってしまいました。降機の順番として、前方座席の人と乗り継ぎのある乗客が最初に降りられるようです。近日公開のアナウンス動画をご視聴いただければわかるかと思いますが、不思議な点が2つあります。

  1. 福岡発便にNH493はないはずでは?      ➡︎NH4935の言い間違えでした。(NH493は成田-名古屋)
  2. 1時間以上あるはずなのに、なぜ15:00発の便の乗客が呼び出される?

 

 

降機

f:id:DREAMLINER:20210405014911j:image

案内があるまで席を立たないというルールに反抗する人の割合を見るのが最近の楽しみです。ベルト着用サインが消えると、半分ほどの人が立ち上がりました。アナウンスでもう一度注意が入り、少しは落ち着きました。

 


f:id:DREAMLINER:20210405014915j:image

しかし降機のアナウンスとなった瞬間、この地獄絵図。これではこの降機方法も意味がないのではと思ってしまいます。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003708j:image

貨物が運び出されるのを眺めながら、ゆっくり準備します。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003517j:image

ゆっくりと機内を後にします。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003536j:image

いつもの。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003525j:image

今回の9番スポットは、降機後、搭乗機を拝むことができないクソ残念なゲートであります。遅延していなければ撮影には最適な8番ゲートだったのに…。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003716j:image

3ヶ月ぶりに帰って来ましたよ。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003649j:image

前回とは違い、預け荷物はすぐに回収できました。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003618j:image

というわけで到着です。

 

 

展望デッキへ

f:id:DREAMLINER:20210502232525j:image

搭乗機のお見送りはしっかり。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210405003623j:image

アマビエことJA613Jが出発です。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003704j:image

腹のアマビエが少し見えた気がします。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003636j:image

搭乗機もまもなく出発ですが… あなた、そんなとこ立ってると轢かれちまうぞー。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003719j:image

プッシュバックされました。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210405020846j:image

f:id:DREAMLINER:20210405020850j:image

そして離陸。羽田へと旅立っていきました。

 


f:id:DREAMLINER:20210502232717j:image

A350が滑り込んできます。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003609j:image

後続のNH253が来たところで、展望デッキを去ります。

 

 

ホテルへ

f:id:DREAMLINER:20210405003505j:image

今回は空港ホテルに宿泊。空港から徒歩でホテルまで向かいます。

 


f:id:DREAMLINER:20210405003653j:image

途中、A350が離陸していきました。

 

 

Flightradar24より


f:id:DREAMLINER:20210405021407j:image

f:id:DREAMLINER:20210405021403j:image

 

 

 

 

このフライトの機内アナウンスはこちら〜


www.youtube.com

 

 

このフライトの全区間機窓映像はこちら〜


www.youtube.com

まるでビジネスクラスのようなサービス JAL 福岡-羽田 JL326 普通席 搭乗記

f:id:DREAMLINER:20210106144119j:image

帰りももちろんJALで。往路では最新のA350に乗ったので、復路では、それに追い出されることになったB777に乗ります。静かな年末年始と言われる中、東京行きの飛行機はまさに空気輸送そのものでした。

 

 

 

Today's flight

  • 航空会社: 日本航空 (JL)
  • 便名: JL326
  • 出発地: 福岡 (FUK)
  • 出発時刻: 18:00
  • 到着地: 東京/羽田 (HND)
  • 到着時刻: 19:30
  • 所要時間: 1.30
  • 機種: B777-200 (JA010D)

 

 

まずは展望デッキへ

f:id:DREAMLINER:20210106180903j:image

午前10時、前日の雪がまだ残る展望デッキへ。

 


f:id:DREAMLINER:20210106144443j:image

活動休止まで最後の1日となった嵐の塗装機。いつもと変わらず運航しています。

 


f:id:DREAMLINER:20210106144447j:image

福岡空港は羽田や成田以外では、一番様々な飛行機が見られる空港だと思います。最近ではソラシドエアも福岡に就航したため、日本の航空会社のほとんどをこの空港で見ることができます。

 


f:id:DREAMLINER:20210106144506j:image

胴体最長の双発機が目の前を通過します。

 


f:id:DREAMLINER:20210106144439j:image

契約期間を過ぎたはずなのにリペイントされない、スターウォーズ機。私としてはずっとこの塗装でいてほしいと思いますが、いつまでもつのでしょう。

 


f:id:DREAMLINER:20210106144451j:image

スタアラ機も続けてやってきて、特別塗装機の楽園となった北側。

 


f:id:DREAMLINER:20210106144435j:image

Q400の群れと、仲間はずれのATR

 


f:id:DREAMLINER:20210106144513j:image

福岡空港ではほとんど見られなくなった国際線、シンガポール航空が離陸。午後にはキャセイがやってきたようです。他の日には台湾2社や、フィリピンが飛来します。

 


f:id:DREAMLINER:20210106144518j:image

意外と福岡に顔を見せなかった、ANAB767。札幌へ飛び立ちます。

 


f:id:DREAMLINER:20210106144510j:image

スターウォーズ機は羽田に飛び立ちました。

 

 

f:id:DREAMLINER:20220106013931j:image

JL311にて羽田からやって来たJA8979。同機は、普段ならこの後JL312で羽田に折り返し、その後JL323で再び福岡に飛来し、折り返しJL326に充当され、今回の搭乗機となるはずなのですが、今日はなぜか運用が変わり、午後に福岡に来なくなってしまったので、同機が搭乗機ではなくなりました。

それはともかく、これにてウォッチングは終了。



チェックイン

f:id:DREAMLINER:20210106144455j:image

搭乗6時間前のチェックインとなります。JALはまだチェックインの無人化が始まったばかりで、福岡空港はまだ有人のチェックインカウンターとなります。

実は今回、もともとは国際線用B777で運航されるJL318を予約していました。しかし、出発1週間前に発表された追加欠航の対象となってしまい、変更を余儀なくされ、国内線用に乗ることになってしまいました。やはりJALは手強かった。そう簡単に新間隔エコノミーには座らせねぇよ!という強い意志が伝わります。仕方がないので、海外に自由にいけるようになってしばらくしたら、乗ろうかと思います。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106235116p:image

搭乗券です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106144503j:image

福岡だから見ることができる、天草エアラインの運航案内。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210106151922j:image

f:id:DREAMLINER:20210106151927j:image

ちょうど受験シーズンということで、こんなものがありました。「A社で書いた彼は受かったのに、B社で書いた私は落ちた。私が落ちたのはB社が悪い!」なんて言われてしまったらどうするのでしょう。

チェックインを終えた私は空港を後にし、観光に出かけるのでした。

 

 

もう一度空港へ

f:id:DREAMLINER:20210106144115j:image

荷物を空港に預けてから観光に出かけるというのは、立地の良い福岡空港だからできることですね。

 


f:id:DREAMLINER:20210106152338j:image

ただ、この出発導線がわかりづらい!特に羽田の第2ターミナルに慣れている人は、1Fは到着、2Fは出発だと思うじゃないですか。確かに1Fが到着ロビーであることは確かなのですが、同じ階に出発カウンターがあるんです。そして2Fが保安検査場になっています。預け荷物がなく、モバイルチケットなどを持っていて、発券の必要がない人は2Fに行くのが正解ですが、そうでない人が2Fに行った時は困惑しそうです。

 


f:id:DREAMLINER:20210106152419j:image

荷物を既に預けている私は、2Fに上がります。

 


f:id:DREAMLINER:20210106152402j:image

南の保安検査場から出発です。

 

 

出発ロビーを散策

f:id:DREAMLINER:20210106152410j:image

保安検査を終えて左に進むと、すぐ9番搭乗口はあります。今日はサークリングアプローチの福岡空港。搭乗機もそろそろ着陸するようです。

 


f:id:DREAMLINER:20210106152415j:image

後ろから迫る先輩777と、慌てて出発する後輩350。

 


f:id:DREAMLINER:20210106152346j:image

こちらに向かってやって来ます。本日の搭乗機JA010Dは、1999年にJASレインボーセブンとして導入されたものです。

 


f:id:DREAMLINER:20210106152342j:image

ちょうど空も良い雰囲気を出す中、搭乗機が折り返し準備を始めています。

 


f:id:DREAMLINER:20210106152353j:image

天草エアラインが離陸。天草のようなレアな行き先への便はたいてい高いことが多いのですが、天草はどうなのでしょう。試しにJALのサイトで調べてみると、羽田-天草で往復6.5万円でした。やっぱり高い!福岡-天草で天草エアラインのサイトで調べると、往復2.4万円。これは羽田-福岡さえ安ければ、どうにかなりそうです。

 


f:id:DREAMLINER:20210106152423j:image

長く歩いてきまして、こちらは4番ゲート。手前は茨城、奥は東京。茨城空港を東京北空港とする案があった気がしますが、そんなことしたら、なかなか紛らわしいことになりますね。しかし今でも茨城空港の立ち位置がわからn(ry

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106152406j:image

一番奥まで来てしまいました。LCCが発着するエリアはムンムンとしています。

 


f:id:DREAMLINER:20210106152358j:image

折り返します。こちらは20分前に出発する羽田行き。機材はB737。全便満席のときは小型機に乗ったほうが、搭乗や降機、預け荷物の返却もスムーズかもしれませんが、この便の搭乗客が、20分後のB777がガラガラだということを知ったら、どう思うのでしょうか。

 


f:id:DREAMLINER:20210106152349j:image

そして搭乗機のいる9番ゲートを過ぎ、反対側11番ゲートへ。ちょうど大阪行きの搭乗が締め切られたところ。このエリアは北側とは真逆で全く人がおらず、私がまるで大阪行きに乗り遅れた人みたいで、少し恥ずかしかったです。

 

 

いよいよ搭乗!

f:id:DREAMLINER:20210106160216j:image

戻ってまいりました。いよいよ乗り込みます!

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106160340j:image

ゲート周りはほとんど人がおらず、上級会員もあまりいない様子。あっという間に全員の搭乗へ。

 


f:id:DREAMLINER:20210106160212j:image

全員L1ドアからの搭乗。これには勝ちを確信。

 


f:id:DREAMLINER:20210106160157j:image

乗り込みます!

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106160531j:image

高級そうなファーストクラス。機能面では最新の座席の方が優れていると思いますが、豪華さはこちらの方が断然良いと思います。もし私がファーストクラスに乗ることがあれば、こちらの方が良いです。

 


f:id:DREAMLINER:20210106160205j:image

続いてクラスJ。これに関しては新座席の方が上かもしれません。

 


f:id:DREAMLINER:20210106160201j:image

そして普通席。ここまでで着席している人を全く見ていません。

 


f:id:DREAMLINER:20210106160208j:image

着席。信頼できるB777の翼に身を委ねます。

さて、往路でもあったGoPro事件ですが、ダメ元で設置しようとしたところ、やはりダメでした。JALでは禁止ということが徹底されているようですね。ただ、丁寧に、申し訳なさそうにお願いされたので、好感は持ちました。次にJALに乗るときは、窓に貼らない方法を考えようと思います、はい。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106161308j:image

画面のない座席というのは、今後時間をかけて減っていくことになるのでしょう。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210106161128j:image

f:id:DREAMLINER:20210106161132j:image

この安全のしおりもあと2年で消滅することになります。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106161621j:image

隣にはB787が到着。あちらは結構人が乗っているように見えます。もしかしたらトラブルを起こしたB777は避けられているのかもしれません。「空いておりますので広々とおくつろぎください」そう言うCAさんは少し寂しそうだった気がしなくもありません。

 

 

出発!

f:id:DREAMLINER:20210106161625j:image

見える範囲は全く人がいないまま出発。なんだかこの色落ち着くなぁ…。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106162218j:image

タキシングを始めると、機内は暗くなります。外の景色がよく見えるので、このサービスはさすがだと思います。しかもただの消灯ではなく、青い照明で夜をイメージしているようです。これは是非ANAも見習ってほしいです。

 


f:id:DREAMLINER:20210106162232j:image

奥までタキシングし、離陸です。

 


f:id:DREAMLINER:20210106162226j:image

飛び立ちました!

 


f:id:DREAMLINER:20210106162236j:image

まるで模型のよう。

 


f:id:DREAMLINER:20210106162239j:image

福岡空港に別れを告げます。実は17:30〜17:50という僅かな間、南風運用となっていたので、不安ではありました。北風運用なら最後に空港を上空から眺めることが可能です。

 


f:id:DREAMLINER:20210106162223j:image

光り輝く福岡の街。

 


f:id:DREAMLINER:20210106162209j:image

180度右旋回し、一旦南に進路を変えます。まだ太陽は沈みきっていないようです。そして左旋回し、東京へ向かいます。

 

 

機内の様子

f:id:DREAMLINER:20210106162215j:image

ベルトサインが消えると、再び照明がつきます。ドリンクサービスが始まるところですが、人が少ないので、カートでまわる必要はありません。先にオーダーを聞きに来て、後で個別に持ってくるという、なんともビジネスクラスのような待遇!

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106163551j:image

せっかくなので、メニューカードを撮らせていただきました。「手が汚くて申し訳ないですが…」そういうCAさんは研修生だそう。先輩CAと2人で回っていました。ありがとうございました。

 


f:id:DREAMLINER:20210106163547j:image

新しいスカイタイムを頼みました。どうやら今月21日からということで、始まったばかりだそうです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106164052j:image

Bコンパートメントもほとんど人はおらず。我々乗客にとっては天国のような環境ですが、この状況が長く続くと、航空会社は存続の危機に立たされてしまいますので、早く客足が戻ることを願うばかりです。

 


f:id:DREAMLINER:20210106164047j:image

トイレはANAのものより古いものでした。ただ、それは私が乗ったANA機が比較的新しいER機材だったからでしょう。

 


f:id:DREAMLINER:20210106164055j:image

ドア。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106165411j:image

座席に戻ると、先程の研修生とは別のCAさんがやって来て「左側に綺麗な夜景が見えますよ。先ほど京都の夜景がよく見えました。あれ、夜景にはあまり興味ないですか笑」とのお声がけが。せっかくですので左側の座席に移ってしばし鑑賞。といっても、よく光っている場所は過ぎてしまったので、陸があるということしか分からず…。ただ、こういった気遣いも、ガラガラだからこそですね。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210106165702j:image

f:id:DREAMLINER:20210106165707j:image

そして降下まであと10分となった頃、CAさんにも比較的余裕があると思ったので、初めておかわりというものを頼んでみました。往路と同じ、コンソメスープ。

 

 

まもなく到着

f:id:DREAMLINER:20210106165912j:image

降下を開始しましたが…眩しい!何だこれ!

 


f:id:DREAMLINER:20210106165908j:image

どうやら満月だったようです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106170550j:image

着陸機が連なります。この辺りでWi-Fiサービスは終了してしまいます。

 


f:id:DREAMLINER:20210106165905j:image

房総半島在住者はボタンを押して、このあたりで降ろしてもらいましょう(爆)

 


f:id:DREAMLINER:20210106165916j:image

悪天候の福岡でゴーアラウンドをたくさん見てきた私は、なぜか期待してしまいますが、無事着陸してくれそうです。

 


f:id:DREAMLINER:20210106165900j:image

BB-8を発見。羽田で新年を迎え、成田へ向かったようです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106171304j:image

着陸!いつもの羽田に帰ってきました。

 


f:id:DREAMLINER:20210106171256j:image

ハワイアン航空を発見。普通であれば興奮するはずですが、搭乗中はそんなこともありません。

到着してからのタキシング中、異様に前の座席がギシギシ鳴りますが、これも老朽化なのでしょうか。

 


f:id:DREAMLINER:20210106171252j:image

JALでは毎回到着のアナウンスで、時候の挨拶を入れています。今回はもちろん「良いお年をお迎えください」でした。これは好きですね。毎回どんな挨拶をするのか、楽しみになります。

 

 

降機

f:id:DREAMLINER:20210106171301j:image

降機です。

 


f:id:DREAMLINER:20210106171223j:image

クラスJに人はいたのでしょうか。使われた痕跡がありません。

 


f:id:DREAMLINER:20210106171243j:image

「良いお年をお迎えください!」そう言われ、B777の機内を後にしました。これが最初で最後かもしれないJALB777。しっかり楽しむことができました。

 


f:id:DREAMLINER:20210106171220j:image

往路のGoPro事件では、JALとは相性が合わないのかなぁ なんて思いましたが、復路では、ANAに劣らない温かさに負けてしまい、ANAに飽きたときにまた乗ろうかなと思うことができました。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106173117j:image

第1ターミナルは出発と到着で導線が分かれていません。しかし誰もおらず。減便の関係で、JALの最終便が19:55の那覇行きとなり、通常より1時間繰り上がっているようです。

乗り継ぎの客は、降りた隣のゲートから何事もなかったようにそのまま搭乗ということもできそうです。

 


f:id:DREAMLINER:20210106173113j:image

出発する客も、制限エリア外でやり忘れたことがあったときは、ここから自分で出ることもできるのかもしれません。

 


f:id:DREAMLINER:20210106171227j:image

乗客が少ないこともあってか、もう預け荷物は流れ終わっており、私の荷物だけが回転台の隣にポツンと置いてありました。

 


f:id:DREAMLINER:20210106171236j:image

到着です。第1ターミナルはスクリーンに映し出す、なんちゃって電光掲示板となっています。これはこれで面白いかもしれないですね。

 

 

すぐには帰らない私

f:id:DREAMLINER:20210106171308j:image

展望デッキへ。那覇からA350が到着。

 


f:id:DREAMLINER:20210106171240j:image

oneworld機が札幌へ出発。

 


f:id:DREAMLINER:20210106171247j:image

そして搭乗機です。名残惜しいあまり、しばらく眺めていたら、片付け作業も終わってしまいました。おかげで何も遮るものがなく、眺めることができます。

JALの塗装は、A350B787のような丸いボディより、B767B777のようなピンとした(?)ボディによく似合うなあと思います。これらの機体も5年後に残っているかどうか…。新機材の導入は、導入当初は盛り上がりますが、その陰で、今までその航空会社を支えてきた機体が去っていくことに、だんだん気づかされていくわけです。

 


f:id:DREAMLINER:20210106171231j:image

バス乗り場は全く人がおらず。よく考えてみると、普通の人は家で年越し恒例番組を見ている時間なのであります。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106175253j:image

バスに乗ってやって来たのは、なぜか国際線ターミナル

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106175009j:image

ちょうどエールフランスが来ているとの情報を見てやって来たのですが…

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106175410j:image

おいおいマジかよ…

 


f:id:DREAMLINER:20210106175014j:image

存在だけを確認し、そのまま引き返すのでした。トホホ…

 


f:id:DREAMLINER:20210106175017j:image

福岡から帰ってきて国際線ターミナルから電車に乗る変人とは私のことです。良いじゃないですか、本州とは離れているわけですし…。

 

 

あとがき

後から考えてみれば、欠航・便変更になって良かったと思います。この3ヶ月後には全機退役となってしまったJALB777-200 (国内線仕様)。国際線用に関してはまだ1〜2年ほどの猶予がありますし、仮に乗れなかったとしても、その座席自体はまだまだ国際線で残ると思います。ただ、20年ほどJALの国内線のフラッグシップとして飛び続けてきたB777-200という名機には、もう乗ることができません。そんなJALの歴史に刻まれた機種に乗ることができたのは、やはり幸運だったとしか言えません。

 

 

Flightradar24より


f:id:DREAMLINER:20210106180330j:image

f:id:DREAMLINER:20210106180326j:image

 

 

 

 

このフライトの機内アナウンスはこちら〜


www.youtube.com

はじめてのJAL、はじめてのA350 JAL 羽田-福岡 JL321 普通席 搭乗記

f:id:DREAMLINER:20210103215700j:image

…と書きましたが、JALには数年前、小松線で片道だけ乗っておりました。この厳しい時期に推しのANAの支援をせずにJALに乗ってしまうのもどうかと思いましたが、最初に福岡に行くときはJALで!と決めていたので、JALA350で福岡へ向かいます。許して!ANAにはまたすぐ乗るから!

 

 

 

Today's flight

  • 航空会社: 日本航空 (JL)
  • 便名: JL321
  • 出発地: 東京/羽田 (HND)
  • 出発時刻: 14:00
  • 到着地: 福岡 (FUK)
  • 到着時刻: 15:55
  • 所要時間: 1.55
  • 機種: A350-900 (JA08XJ)

 

 

はじめての第1ターミナルからの出発

f:id:DREAMLINER:20210103215714j:image

まずは末期色(真っ黄色)京急羽田空港へ。

 


f:id:DREAMLINER:20210103215709j:image

いつもなら豪華な部屋に入ってチェックインから保安検査まで済ませられるところですが、第1ターミナルに来たら平民です。

 


f:id:DREAMLINER:20210103215704j:image

今年新導入された自動手荷物預け機。見た目ではANAより高級感がありますね。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210104001810p:image

搭乗券です。

 

 

展望デッキへ

f:id:DREAMLINER:20210822235911j:image

展望デッキにやって来ました。第1ターミナルの展望デッキにはよく来ますが、今回は鶴丸の乗客ということで、心持ちも変わってきます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20211202192630j:image

国際線側にはJA711J。何かと思い入れのある機体なのですが、あと少しで退役でしょうか。プレエコを積んでいることから、国内線転用機材にはならないでしょうね。

 


f:id:DREAMLINER:20210822235914j:image

JA708Jがバンコクへ出発。こちらもプレエコ機材なので、退役となりそうです。oneworld塗装機として目立つ存在だったので、寂しいです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20211202192605j:image

こちらはプレエコを積んでいない、JA702J。

 


f:id:DREAMLINER:20210103215641j:image

一般の保安検査へ向かいます。人が全くおらず、不便は感じませんでした。

 


f:id:DREAMLINER:20210103215652j:image

この出発の1週間前、追加の欠航が発表されました。それでも画面が真っ赤に染まるほどというわけではありませんが、対象となってしまった人は、災難でしたね。(実は私も影響を受けておりますが、それはまたは復路の話)

 

 

搭乗機をお出迎え

f:id:DREAMLINER:20210103215718j:image

搭乗ゲートは13番。まず向かってみると、前の便が出発するところでした。伊丹便です。

 


f:id:DREAMLINER:20210103215637j:image

続けて隣のスポットからもB767が出てきました。こちらは函館便。この便が逃げるように自走を始めてすぐ…

 

 


f:id:DREAMLINER:20210103225053j:image

f:id:DREAMLINER:20210103225050j:image

搭乗機が札幌からやってきました。レジ番はJA08XJ。エアバスからのクリスマスプレゼントとして(?) 25日にトゥールーズから羽田にやってきて、4日後の今日から運航を始めた、出来たてホヤホヤの機体です。

 


f:id:DREAMLINER:20210103215655j:image

ここで一旦お別れです。

 


f:id:DREAMLINER:20210103215646j:image

隣は同じく新機種、B787です。伊丹線はこの機体がほとんどになってしまい、バリエーションに劣って寂しいです。

羽田、伊丹、福岡にしか顔を見せないJALの国内線用787は、世界で一番守備範囲の狭い787かもしれません。先に導入された同型機が世界を飛び回っている中、なんとも不遇だなと思います。

 


f:id:DREAMLINER:20210103215722j:image

北ウィング方向に進んでみます。

 

 

POWER LOUNGEへ

f:id:DREAMLINER:20210103225554j:image

ここでカードラウンジを発見。元々ラウンジに入る予定はありませんでしたが…

 


f:id:DREAMLINER:20210103225603j:image

こんな素晴らしい眺めを見たら入りたくもなりますよ。

 


f:id:DREAMLINER:20210103225546j:image

中は広々としています。

 


f:id:DREAMLINER:20210103225607j:image

ドリンクはこれが全てです。冷蔵庫には青汁と黒酢が入っていました。手前の3種類の飲料はスタッフに注文して注いでもらうタイプです。何回も頼むと何杯飲むんだよと思われそうですね。

 


f:id:DREAMLINER:20210103225617j:image

ディズニー塗装機を眺めながら一杯。この機は札幌に向かうようです。

 


f:id:DREAMLINER:20210103225550j:image

トーイングカーと飛行機を繋ぐ棒。機種によって棒の種類も変わるのですね。でも結構錆びt(ry

 

 


f:id:DREAMLINER:20210125212520j:image

f:id:DREAMLINER:20210125212529p:image

たまに登場するお見送りコーナー。出発準備中の搭乗機です。詳しいレポートはこちらから〜

a350-900.hatenablog.jp

 


f:id:DREAMLINER:20210103225558j:image

一時期は需要低下によって、全機運航停止となっていたANAB777-300。最近は全機順調に稼働しているようで安心していますが、この中から2機退役となるのは残念です。

 


f:id:DREAMLINER:20210103225621j:image

那覇からB777-200が到着。A350B787に役目を奪われる形となったB777に、哀愁が漂っています。

 


f:id:DREAMLINER:20210103225613j:image

オリンピック塗装機JA773Jの着陸を見送り、ラウンジを後にします。

 

 

いよいよ搭乗!

f:id:DREAMLINER:20210103233235j:image

いよいよ初のA350の機内へ入りたいと思います。

 


f:id:DREAMLINER:20210103233754j:image

JALでは上級会員の優先搭乗を継続しているようであります。JALでは当然優先搭乗できず、ANAでは優先搭乗の中止により、その恩恵に与れないなんて…。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210103233211j:image

先程のB787が出発した隣のゲートには、別のB787が入っておりました。

 


f:id:DREAMLINER:20210103233644j:image

乗り込みます!なぜか鶴丸のオブジェを拝むことはできず…

 


f:id:DREAMLINER:20210103233226j:image

進化したクラスJ。このシートでヨーロッパまで余裕で行けてしまいそうです。

 


f:id:DREAMLINER:20210103233659j:image

そしてこちら普通席。

 

f:id:DREAMLINER:20210104001112j:image

本日の座席です。

 


f:id:DREAMLINER:20210103233220j:image

画面には、目的地福岡の観光地が変わる変わる映し出されています。

 


f:id:DREAMLINER:20210103233201j:image

A350の名物、機外カメラ。これは通路側や中央席に座った時に効力を発揮しそうですが、窓側に座っている私は窓からの景色しか見ないので、あまり意味がありません。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210109142504j:image

機体下部のカメラからは、出発準備の様子を見ることができます。グラハンの方々も機内から見られていると思いながら作業しているのでしょう。たまに手を振ってくれるかもしれません。

 

 


f:id:DREAMLINER:20210104002102j:image

f:id:DREAMLINER:20210104002106j:image

安全のしおり。初期は赤色だった気がしますが、変わったのでしょうか。

 


f:id:DREAMLINER:20210104002225j:image

その他の冊子はご覧の通り。機内誌なども導入当初は画面下のスペースに入っていた気がしますが、いつの間にか膝元のポケットに移っていました。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210104002228j:image

隣には先程のJA773J。

ここでプチトラブル。最近はよく窓にGoProを貼り付けてFull flight videoなる動画の撮影に挑戦しているのですが、今回初めて撮影を断られてしまいました。おいおい、おたくのパイロットはそんなに乱暴な操縦をするのかい!?というのは冗談ですが、ANAJALでは、考えが異なるようです。JALの安全に対する姿勢は素晴らしいものだと思いますが、撮影ができないのであれば、しばらくはANAで落ち着いていようかと思います。これは帰りの便での対応次第ですね。ではJALで全区間機窓を撮影できた方々は運が良かったのでしょうか、それとも何らかの対策をしているのでしょうか…。

 


f:id:DREAMLINER:20210103233651j:image

「脱出時に、荷物は持たないでください💢」で有名な(?)、新安全ビデオ。ただ、最初に登場する飛行機がB777なのは少し気になりました。退役したら、その部分もリメイクするのでしょうか。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210104013748j:image

プッシュバックです。残念ながらお手振りは左側座席だったようです。

 


f:id:DREAMLINER:20210103233655j:image

タキシング開始です。格納庫前には嵐ジェットが駐機。あれに乗れればと思ったのですが、A350の母数が8まで増えると、なかなか難しいですね。

 


f:id:DREAMLINER:20210103233206j:image

まだまだたくさんの機体が待機となっています。右側のB767はJA620A、左側のB787はJA801Aということで、台湾旅行の時にお世話になった機体が隣り合うという、なんとも嬉しいことになりました。

 


f:id:DREAMLINER:20210103233708j:image

こちらのB777はエンジンの羽が抜き取られていますね。

 

 

離陸!

f:id:DREAMLINER:20210103233215j:image

福岡便はC滑走路とD滑走路のどちらからも離陸する特殊な便。この便は毎日C滑走路からの離陸となっています。どのような基準で決めているのでしょう。

 


f:id:DREAMLINER:20210103233640j:image

とにかく加速が凄い!そしてすぐにふわっと浮かび上がりました。

 


f:id:DREAMLINER:20210103233647j:image

尾翼カメラもチェック。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210104112340j:image

さらば友よ!

 

 

f:id:DREAMLINER:20210109003157j:image

大きく右旋回。城南島に人の姿はありませんでした。

 


f:id:DREAMLINER:20210103233704j:image

羽田空港を眺めます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210106000226j:image

東京を東西に横断していきます。ドアが閉まってからすぐ使える便利なWi-Fiでフライトレーダーを起動し、地図と照らし合わせながら眺めてみますが…

 


f:id:DREAMLINER:20210103233230j:image

どこに何があるかなんてほとんど分かりません。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210109141339j:image

西武球場ですかね。

 


f:id:DREAMLINER:20210109141343j:image

そしてこちらが横田基地でしょうか。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210109141503j:image

そして下界は雲海に覆われてしまうのでした。

 

 

機内の様子

f:id:DREAMLINER:20210104005144j:image

ドリンクサービスが始まります。CAさんは手袋に加えてゴーグルをかけ、完全防護体制です。

 


f:id:DREAMLINER:20210104005136j:image

JALでは一人一人にドリンクメニューをその場で見せてくれるタイプです。ただ、その場では冷静に選ぶ余裕がないということが欠点です。そんな私はコンソメスープを選びました。ANAJALの両社でしばらく休止されていたと思うのですが、久しぶりに飲むとやはり美味しい!ANAでも再開されているのでしょうか。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210104005140j:image

こちらがトイレです。高級感が出る内装に興奮します。L2ドア隣の多目的トイレが広いと噂で聞いたのですが、クラスJを通り抜けて入る勇気などないので、諦めました。

 


f:id:DREAMLINER:20210104005128j:image

ドア。

 


f:id:DREAMLINER:20210104005133j:image

機内最後方から。黒画面が多いということは、それだけ空席が多いということです。

 


f:id:DREAMLINER:20210104005123j:image

Bコンパートメント最後方には小さい通路があり、このように撮ることができます。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210104005842j:image

巡航中は一切の揺れもなく、終始安定して40000ftを維持していました。大阪を過ぎたあたりで雲が少なくなってきまして、少し下界を眺めることもできました。

 

 

着陸!

f:id:DREAMLINER:20210104005935j:image

着陸準備に入ります。どこかで見たことある棒をJALも使っているようです。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210104005923j:image

旋回も機外カメラで見ると迫力があります。

 


f:id:DREAMLINER:20210104005916j:image

この雲の広がりようは、下界の天気が不安です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210105000907j:image

降下する時はどの飛行機もエンジンパワーを落として静かになりますが、このA350は特に静か。地上で駐機しているのと同じくらい静かで、エンジンが止まったかと思ってしまいます。

 


f:id:DREAMLINER:20210104005854j:image

陸続きとなっている、行きにくそうな場所。この辺りには何があるのでしょう。

 


f:id:DREAMLINER:20210104005913j:image

街中を飛んでいきます。博多などの中心街が見えるのかと思っていましたが、福岡の土地勘がない自分は、どこに博多があるのか分からず…。着陸ルート周辺は、意外と中心街でもないようです。

 


f:id:DREAMLINER:20210104005857j:image

さあ着陸です!

 


f:id:DREAMLINER:20210104005909j:image

着陸!強いブレーキがかかり、ブレーキ解除の反動もなかなかのものでした。スムーズな着陸で衝撃が少なかった分、ブレーキ解除に強い衝撃を感じました。

 


f:id:DREAMLINER:20210104005931j:image

10番ゲートに到着。

 

 

到着

f:id:DREAMLINER:20210104005920j:image

降機時に感染症対策の動画を流し始めます。そんな時に流しても誰も見ないでしょ…。

 


f:id:DREAMLINER:20210104005900j:image

降機時の音楽と映像になる頃には私しかおりませんでした。

 


f:id:DREAMLINER:20210104005927j:image

結局ファーストクラスを見ることはできず…。

 


f:id:DREAMLINER:20210104005905j:image

JA08XJにとっても、私にとっても、初めての福岡空港です。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210104011330j:image

隣には同じく羽田からのANAJALは福岡線の年末年始減便をしている中、ANAは臨時便を設定していますからね。これもそのうちの1つです。

 


f:id:DREAMLINER:20210104005846j:image

ゆっくり写真を撮りながら最後の最後に降りてきましたが、やっと預け荷物が回り始めた頃。平民の私の荷物は最後の最後に出てきました。ここで初めて上級会員のありがたみを感じるわけです。

 


f:id:DREAMLINER:20210104005850j:image

出て参りました。

 

 

展望デッキへ

f:id:DREAMLINER:20210104011826j:image

札幌から到着の787。滑走路一本の空港は撮影がしやすくて楽です。

 


f:id:DREAMLINER:20210104011834j:image

誘導路と展望デッキの近さに驚き!

 


f:id:DREAMLINER:20210104011846j:image

オリンピック塗装機JA773Jは、JL323として追いかけてきたようです。

 


f:id:DREAMLINER:20210104011830j:image

搭乗機がプッシュバック。

 


f:id:DREAMLINER:20210104011823j:image

ランウェイチェンジで上を飛び上がって行きました。

 


f:id:DREAMLINER:20210104011819j:image

と、突然雨が強くなってきたのと、ちょうど空腹であったため、近くにあった店に入ってみました。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210104012423j:image

しかし、これで1650円は高すぎ!

 


f:id:DREAMLINER:20210104011841j:image

場所代でいくらかかっているんだと思ってしまいます。

 


f:id:DREAMLINER:20210104011837j:image

地下鉄で博多駅まで向かいます。実はこれJRに直通しており、佐賀県まで行く列車もあるようですね。

 

 

f:id:DREAMLINER:20210823000344j:image

博多駅にて。これから新幹線に乗るという方も多く通るであろう、この博多駅で喧嘩を売ります。ANAもぜひ、この隣に広告を出せるような新しいサービスを提供していってほしいものです。

 

 

Flightradar24より


f:id:DREAMLINER:20210104101010j:image

f:id:DREAMLINER:20210104101014j:image



 

このフライトの機内アナウンスはこちら〜


【機内アナウンス】2020/12/29 日本航空 JL321 羽田-福岡